ルクセンブルク・ミュラータールの究極のトラベルガイド:リトルスイス探訪

当ページのリンクには広告が含まれています

ルクセンブルク、それはまるで童話から抜け出したような幻想的な国です。特に、「小スイス」として親しまれるミュラータールは、秋のトレッキングシーズンに多くの人々を魅了しています。

ルクセンブルクはその小ささに反して、多彩な地域が独自の魅力を放っています。今回は、それぞれの地域の特色を織り交ぜながら、この国の多面性を探ります。

目次

ルクセンブルク5地域分類地図

  1. ルクセンブルク市周辺 – 首都であり、政治や経済の中心地です。歴史的な建造物と現代的な建築が調和し、美しいスカイラインを形成しています。
  2. モーゼル渓谷 – 東部に位置するこの地域は、モーゼル川が静かに流れるワイン畑の風景で知られています。地元のワインは、訪れる者の味覚を楽しませてくれます。
  3. アルデンヌ – 北部に広がるこの地域は、深い森林と中世からの城跡、そして魅力的な小さな村々が点在する丘陵地帯です。
  4. レッドランズ(南部地域 -南部に位置し、フランスとの国境近くにあるこの工業地帯は、鉄鉱石の採掘で発展し、特徴的な赤い土が名前の由来となっています。
  5. ミュラータール – 「ルクセンブルクのリトルスイス」と称されるこの地域は、豊かな森林と壮大な岩が特徴で、東部に位置しています。

ミュラータールの探索

ここでは、壮大な森林、清らかな流れ、隠されたハイキングトレイル、そして美しい村々をたっぷりと紹介します。この秘境の魅力を共に探りましょう。

ルクセンブルクからほんの少し足を延ばせば、別世界に迷い込んだような感覚に包まれるでしょう。ミューラータールは、多くの人々にとって未知の楽園です。

ミューラータールの自然美

「リトルスイス」と呼ばれる由来は、その自然の美しさと地形的特徴が、スイスの風景を彷彿とさせるためです。岩々しい地形と深い渓谷が、スイスのアルプス山脈を彷彿とさせる壮大な景色を提供します。

四季折々に色づく豊かな緑の森林は、スイスの自然の美しさを思い起こさせるでしょう。清らかな流れと滝は、山岳地帯特有の自然の魅力と相通じます。

さらに、ハイキングやその他のアウトドア活動を楽しむことで、スイスが提供するような本格的なアウトドア体験がここにも存在します。これらの要素が組み合わさることで、訪れる人々に忘れがたい自然の美を約束します。

ミューラータールの場所

ミュラータールトレイルから見る滝

ルクセンブルク人のアウトドア愛好

ミュラータールトレイル 古い家

ルクセンブルクの人々は自然とのふれあいをこよなく愛しており、週末には犬の散歩やサイクリングで地元の景色を楽しんでいます。

ミュラータールのハイキングトレイルは、初心者から経験者まで楽しめる40キロに及ぶコースが整備されています。

そして、一押しは初心者向けの短いエキストラコースCで全長9キロのコースです。

コースは変化に富み、廃線の駅舎や森、小川など変化にとんだ景観が楽しめます。

ミュラータールでのハイキングを楽しみたい方は、こちらの公式サイトで様々なコースの解説やレストラン情報、天候などを見ることができますので、是非ご参照ください。

初心者向けの短いエキストラコースC

出発地: ベッヒャー ガールor アルトリエ

到着地l: ベッヒャーガール or アルトリエ

距離:9.3km

高さ:398m

所要時間:2h45

ExtraTour Cは、ベッヒャーからアルトリエへの美しい旅を提供します。まず、旅のスタート地点であるベッホでは、歴史的なベッヒャー・ガレ駅を横切ります。そのすぐ先に、300メートルの古い鉄道トンネルがあります。この道は自転車利用者にも利用されており、トンネルを抜けると、息をのむような景色が広がります。さらに進むと、ローワー・シュールやモーゼル地域の壮大な景観が楽しめます。この道沿いには、見逃せないスポットも多くあります。古墳や、約500年の歴史を持つ「ビルドチェン」というオークの木もその一つです。

トレッキングの準備と注意点

特に秋のシーズンには、天候の変化に応じた服装、適切なシューズを用意してください。

また、水分補給や軽食も忘れずに。森の中での遭難のリスクは低いですが、野生動物との遭遇やマダニには注意が必要です。

地元の味を楽しむ:ミューラータールのグルメスポット

ミューラータール周辺のレストランを紹介です。選択するコースによっては、レストランまでの距離が遠くなる可能性があります。訪問前には、事前に距離と位置をご確認ください。

La Distillerie

ブールグリンスター城にあるエレガントなレストランです。シェフの作る美味しいソースが人気で、また素晴らしい眺望が魅力です。

8 Rue du Château, 6162 Bourglinster Junglinster

TEL: +352 7878781

 

Konsdreffer Millen Brauhaus A Beiergaart

ハイキング・トレッキング後の疲れを癒すビアハウスとして人気です。

2 Rue du Moulin, 6211 Kleinbettingen Consdorf

TEL:+352 26 78 48 68

Oh Pastor

イタリアン料理が評価のレストランです。

住所:3 Route de Luxembourg, Consdorf 6210

TEL:+352 26 78 43 70 

ミューラタール訪問時に必見:ボーフォール城の魅力

ボーフォール城は、ルクセンブルクのミューラタール地域に位置する歴史的な城で、その魅力は多岐にわたります。

歴史的背景

ボーフォール城は11世紀に建てられた中世の城で、何世紀にもわたる改修や拡張が行われました。特に16世紀にはルネサンス様式の城館が加えられ、その美しい建築様式が見どころの一つです。

建築の美しさ

この城は中世とルネサンスの建築スタイルを融合させた珍しい例です。頑丈な石造りの要塞部分と、装飾が施された優雅な城館部分の対比が見事です。

観光体験

訪問者は城の内部を見学することができ、当時の生活様式や歴史的な遺物を見ることができます。特に、保存状態の良い拷問部屋や地下室は興味深いです。

美しい庭園

城を囲む庭園も見どころです。整備された庭園は、散策やピクニックに最適で、四季折々の風景を楽しむことができます。

自然との調和

ボーフォール城は美しい自然環境の中にあり、周囲にはハイキングコースや自転車道が整備されています。自然愛好家にとっても魅力的なスポットです。

特別なイベント

城では季節ごとに特別なイベントや展示が開催されます。これらのイベントは、訪問者に城の歴史や文化をより深く理解する機会を提供します。

ボーフォール城営業時間と入場料

営業時間9 a.m. to 6 p.m. (最終入場時間 at 5:15 p.m.)
冬季休業期間2024年11月28日~2025年3月
(再開時は公式サイトにてお知らせが出ます)
入場料金(一人当たり)
大人€7
グループ(12名から)€6
子供(0-6歳)無料
子供(7-18歳)€4
学生(27歳以下)€4
カルチャーパス無料

営業時間・特別イベントなどの情報は、こちらの公式サイトをご覧ください。

ミューラータールへのアクセス

ここでは、ドイツ・フランス・ベルギー・ルクセンブルクからミューラタールへの行き方を解説します。ぜひご参照ください。

電車でのアクセス

ドイツから

ドイツからの場合、トリアー(Trier)からルクセンブルク(Luxembourg)市の駅まで毎時1本の電車があります。途中、ヴァッサービリッヒ(Wasserbillig)で降りて、エヒターナッハ(Echternach)行きの271番バスに乗り換えることもできます。

  • トリアー(Trier)
  • ルクセンブルク(Luxembourg)
  • ヴァッサービリッヒ(Wasserbillig)
  • エヒターナッハ(Echternach)

フランスから

フランス(パリ/ナンシー/ストラスブール)からの場合、パリ・エスト駅からルクセンブルク市までTGVで約2時間です。ルクセンブルク市に着いたら、キルヒベルク行きのトラムに乗り換えます。キルヒベルク・ルクスエキスポ駅で降りて、201番の直通バスまたは211/212番のエヒターナッハ行きバスに乗り換えます。

  • パリ(Paris)
  • ナンシー(Nancy)
  • ストラスブール(Strasbourg)
  • キルヒベルク・ルクスエキスポ(Kirchberg Luxexpo)
  • エヒターナッハ(Echternach)

ベルギーから

ベルギーからの場合、ブリュッセルからルクセンブルク市まで電車で行き、キルヒベルク行きのトラムに乗り換えます。キルヒベルク・ルクスエキスポ駅で201番の直通バスまたは211/212番のエヒターナッハ行きバスに乗り換えます。リエージュからは、「ガール・ド・ギユマン」駅からエッテルブルックまで電車で行き、190番のエヒターナッハ行きバスに乗ります。

  • ブリュッセル(Brussel)
  • キルヒベルク・ルクスエキスポ(Kirchberg Luxexpo)
  • リエージュ(Liège)
  • ガール・ド・ギユマン(Gare de Guillemins)
  • エッテルブルック(Ettelbruck)
  • エヒターナッハ(Echternach)

ルクセンブルク市から

ルクセンブルク市からは、キルヒベルク・ルクスエキスポ駅までトラムで行きます。駅はバスターミナルに接続しており、そこから30分ごとに201番の直通バスまたは村を経由する211/212番のエヒターナッハ行きバスに乗れます。

  • キルヒベルク・ルクスエキスポ(Kirchberg Luxexpo)
  • エヒターナッハ(Echternach)

電車の運行状況・時間などの詳細は、こちらの公式サイトをごらんください

バスでのアクセス

ドイツから

ドイツからエヒターナッハへのバスは、トリアーおよびビットブルクから運行しています。ビットブルクからは、410番のバスが直接エヒターナッハまで行き、3つ目の停留所で降りることができます。

4月1日から11月1日まで、トリアーからトイレルまでラッドバス(RadBus)260番線を利用し、その後431番線でボレンドルフまで行けます。別の選択肢として、トリアーからラリンゲンまで直接行く260番線のラッドバスも利用できます。ラリンゲンはロスポートの対岸に位置しています。ラッドバスは自転車輸送のサービスも提供しています。

また、トリアーからヴァッサービリッヒまで303番または306番のバスを利用し、そこで271番のエヒターナッハ行きバスに乗り換えることもできます。

  • トリア―(Trier)
  • ビットブルク(Bitburg)
  • ボレンドルフ(Bollendorf)
  • ラリンゲン (Ralingen )
  • ロスポート(Rosport)
  • ヴァッサービリッヒ(Wasserbillig)
  • エヒターナッハ(Echternach)

ルクセンブルク市から

ルクセンブルク市からは、201番の直通バスまたはいくつかの村を経由する211/212番のバスがエヒターナッハまで運行しています。バスは30分ごとに出ています。

  • エヒターナッハ(Echternach)

バスの詳細な運行状況や時間は、こちらの公式サイトでご覧ください。

車でのアクセス

ドイツから

トリア―からルクセンブルク方面のA1号線を利用し、国境を越えた後、ヴァッサービリッヒ出口を出てエヒターナッハまで進みます。なお、エヒターナッハまではおよそ21 kmです。

  • トリア―(Trier)
  • ヴァッサービリッヒ(Wasserbillig)
  • エヒターナッハ(Echternach)

フランスから

ナンシー、メス、チオンビルからルクセンブルク市方面のA31号線を利用し、エヒターナッハ方面に進みます。

  • ナンシー(Nancy)
  • メス(Metz )
  • チオンビル (Thionville)
  • エヒターナッハ(Echternach)

ベルギーから

ブリュッセルからルクセンブルク市方面のA4号線を利用し、エヒターナッハ方面に進みます。バストーニュからは、A26号線を国境まで進み、エッテルブルック、ディキルヒ、エヒターナッハ方面に進みます。

  • ブリュッセル(Bruxelles)
  • エヒターナッハ(Echternach)
  • バストーニュ(Bastogne)
  • エッテルブルック(Ettelbruck)
  • ディキルヒ (Diekirch)

この記事を書いた人

はじめまして、あさこです。ヨーロッパには14年間住んでおり、現在はルクセンブルグという小さな国に暮らしています。この国はあまり知られていないかもしれませんが、実は観光名所や美味しいレストランがたくさんありますよ!私はこの国での出来事も交えながら、現地の情報を提供していきます。ヨーロッパの暮らしを垣間見ることができる貴重な機会ですので、ぜひ楽しみにしていてください♡

目次