ルクセンブルクの見逃せない年間行事・イベント2024

当ページのリンクには広告が含まれています
目次

ルクセンブルグ見逃せない年間行事・イベント

それではこれから1月から12月までのルクセンブルクでの行事・イベントを簡単に説明していきますね。詳しい情報は、それぞれの行事・イベントのページにて説明していきますので、そちらをご覧いただけたらと思います。

毎月様々な行事・イベントのあるルクセンブルクをあなたも是非お愉しみくださいね。

ルクセンブルク 1月の行事・イベント

新年のお祝いルクセンブルク

午前0時の鐘とともに夜空に上がる花火はとても壮大です。今年も良いことがありますように、花火のような大輪の花を咲かせることができますようにと願いを込めているのかな?

魅力その1:家庭での祝賀

新年の夜は家族や親しい友人と一緒に過ごすことが多く、自宅でのパーティーやディナーが一般的だと言われています。

魅力その2:花火

大晦日の夜は、多くの場所で花火が打ち上げられ、特にルクセンブルク市では大規模な花火が楽しめます。 それぞれの家庭でも打ち上げ花火を楽しんだり、夜空が花火で彩られる大晦日も楽しいですよ。

魅力その3:シャンパンやスパークリングワイン

真夜中になると、シャンパンやスパークリングワインで乾杯し、新年を祝います。この日の為に特別なシャンパンやスパークリングワインを用意し、心待ちにしている人も多いようです

魅力その4:特別な企画

お家で祝うばかりではなく、レストランやクラブ、バーなどは、特別な新年イベントやディナーを企画し、予約でいっぱいになることもあります。

新年のお祝い日本とルクセンブルクの違い

違いその1:神社での初詣

日本では新年を祝うために多くの人が神社を訪れますが、ルクセンブルクではクリスマスに重点が置かれ、新年はもっと社交的なイベントになるようです。

違いその2:おせち料理

日本では伝統的なおせち料理で新年を祝いますが、ルクセンブルクでは特別は新年の食事はなく、普段と変わりない食事が用意されるようです。

違いその3:年賀状

日本では年賀状で新年のご挨拶を送る慣習がありますが、ルクセンブルクではクリスマスカードが一般的で、新年には直接口頭での挨拶が多くなります。

違いその4:お年玉

日本の子供たちが楽しみにするお年玉という習慣はルクセンブルクにはなく、プレゼントはクリスマスに交換されます。と考えると、日本の子供達は、クリスマスプレゼントとお年玉の両方をもらえてとてもラッキーですね。

ルクセンブルク 2月の行事・イベント

水仙

リートメスダーフ Liichtsmëssdag 2月2日

2月2日は、キリスト教のお祭り「聖燭祭(せいしょくさい)」の日です。イエス・キリストが生まれてから40日目に、ご両親のマリアとヨセフが小さなイエス様をお寺に連れて行った大切な日です。

。ルクセンブルクではこの日、子どもたちが手作りのカラフルなランタンを灯して、街の家々を訪ね歌を歌いながらお菓子やお金をもらって歩きます。まるでハロウィーンみたいですよね。歌う曲は「Léiwer Härgottsblieschen」というもので、小さい頃に学校で習うので、みんな上手に歌えるそうです。

魅力その1:光の伝統を祝う

リートメスダーフは「光の祭日」とも呼ばれ、冬の暗さを払い、明るい春の到来を祝います。子供たちが手作りのランタンや松明を灯し、その光が暗い夜を照らす姿は、心に暖かな光を灯してくれます。数回このイベントに参加したことがありますが、何とも言えない暖かい雰囲気が印象的だったのを覚えています。

魅力その2:歌声が響く喜び

子供たちが「Liichtsmëssdag」の歌を歌いながら家々を訪れる様子は、まるで町全体が一つの大きなコーラスになったよう。彼らの明るい声は、冬の寒さを忘れさせてくれるんです。小さな子供から思春期であろう子供達まで一緒になって歌う姿は、とても感動的なものでした。

魅力その3:みんなが大歓迎

この日は、地域社会が一丸となって子供たちを歓迎します。家々が彼らの訪問を温かく迎え入れてくれるのは、アメリカのハローウィンとはちょっと違った印象でした。

魅力その4:お菓子と小銭の交換

子供たちは歌の見返りにお菓子や小銭をもらいます。この素朴な交換は、与え合いの精神と共有の喜びを象徴しており、地域の伝統として大切にされています。

魅力その5:家族で楽しむ工作活動

リートメスダーフに向けて、家族でランタンを作る工作活動は、親子のコミュニケーションを深める貴重な時間です。手作りのランタンを作る工程もまた会話を弾ませる絶好のチャンスですね。年長の子供が年少の子供を手伝う姿もとても微笑ましいものです。

「光の日」とも呼ばれる伝統はとっても古くからあって、キリスト教が始まる前から続いているんです。でも今では、カトリック教会の守護聖人の一人である聖ブレイズと結びつけられていて、その聖ブレイズの日は聖燭祭の次の日にお祝いされるんですよ。ちなみに、この日はクレープを食べるのが一般的なんですって。美味しいクレープでお祝い、いいですね!

バレンタインデー 2月14日

ルクセンブルクでは、バレンタインデーは恋人たちが愛を祝う日として広く受け入れられていますが、そのお祝いの仕方は他の多くの西洋諸国と大きく異なるわけではありません。この日は、カップルが互いに愛を表現し合う機会となっており、一般的には以下のような特徴があります。

バレンタインデーの過ごし方の特徴その1:フラワーギフト

恋人たちは互いに花、特に赤いバラを贈り合うことが一般的です。花屋はこの時期に特別なアレンジメントやブーケを用意します。

バレンタインデーの過ごし方の特徴その2:チョコレートとスイーツ

ショコラティエやパティスリーは、バレンタインデーに向けて特別なチョコレートや限定のデザートを作ります。これらはギフトとしても人気が高いです。ヨーロッパには、王室ご用達のショコラティエも多く、バレンタインデーはどのお店で買おうか?迷うほどですよ。

バレンタインデーの過ごし方の特徴その2:ディナーデート

レストランはバレンタインデーのスペシャルメニューを提供し、予約が必要な場所も多いです。カップルはこの日のために特別なディナープランを立てることも珍しくありません。

バレンタインデーの過ごし方の特徴その3:特別な体験

ルクセンブルクでは、バレンタインデーに合わせてコンサートやショーが開催されることもあります。また、温泉施設やホテルが特別なパッケージを提供することもあります。人気のコンサートやホテルパッケージは、かなり前に予約枠が埋まってしまうようですので、早めの予約が必要なようです。

バレンタインデーの過ごし方の特徴その4:カードと手紙

恋人たちは互いに愛のメッセージを書いたカードや手紙を交換することも一般的です。これは夫婦間でも同じです。長年連れ添った老夫婦も、この日はお互いに感謝の気持ちを愛を伝えるカードを送るとか?素敵な習慣だとおもいませんか?

フエゼント Fuesent またはカヴァルケード Cavalcades 

2月2日のキャンドルマスから始まって、イースター直前の断食期間に入るまでの間、ルクセンブルクはカーニバルで賑わいます。仮面をつけて、カラフルな衣装に身を包んだ人たちが、お菓子をばらまきながら街を練り歩くんです。

ヴェネツィアやバーゼルのカーニバルが世界的に有名ですが、ルクセンブルクでもこの楽しいお祭り「フエゼント」が盛大に行われるんですよ。ペタンジュやディーキルヒ、シーフランジュ、エッシュ=シュル=アルゼットなど、いろんな街でパレードやお祭りが開催されるんです。でも、残念ながら2022年はいくつかのイベントが中止になっちゃいましたね。

また、レミッヒでは四旬節の初日を告げる灰の水曜日に、藁で作った案山子を燃やすという変わった伝統があるんです。これは、悪いことを全部燃やして新しいスタートを切るって意味があるんですって。

魅力その1:カラフルな仮装とパレード

フエゼントでは、人々が思い思いの仮装をして街を練り歩きます。カラフルでユーモア溢れるコスチュームは、見る人々を楽しませ、日常からの解放感を与えてくれます。

魅力その2:音楽とダンス

カヴァルケードでは、リズミカルな音楽が街中に響き渡り、ダンスとともに祝祭の雰囲気を盛り上げます。老若男女問わず、誰もが自由に踊り、喜びを共有します。

魅力その3:伝統と革新が融合

古くからの伝統を守りつつ、毎年新しいテーマやアイデアが取り入れられます。この創造性が、フエゼントを新鮮で魅力的なイベントにしています。

魅力その4:楽しいイベント

パレードや仮装は、誰でも参加が自由なので、見ず知らずの人であってもいつの間にか地域の仲間入り。そんな楽しいイベントは、とても人気があり世界各国からの観光客でにぎわっています。

魅力その:供から大人まで楽しめる

フエゼントは、子供たちにとっても大人にとっても楽しい時間です。子供たちはパレードやゲームで楽しみ、大人は友人との交流や飲食を楽しめます。

フエゼントとカヴァルケードは、寒い冬を忘れさせる華やかなお祭りです。この期間中は、ルクセンブルク全体が活気に満ち、人々が一致団結して喜びを分かち合います。ぜひ、この楽しくてユニークな体験に参加してみてくださいね。

ビュルグブレンネン Buergbrennen 2月26日

ビュルグブレンネンのイメージ

カーニバルの賑わいが落ち着き、レントの始まりを告げる最初の日曜日に、ルクセンブルク各地の村々では特別な行事が行われます。それが、「ビュルグブレンネン」—冬の終わりと春の訪れを祝う伝統的なお祭りです。この日、村人たちは畑に集まり、木材やわらを使って大きな十字架を作ります。そして、夕暮れ時になると、松明を持った行進が始まり、村から十字架まで練り歩きます。

魅力その1:冬の終わりの祝福

寒い冬が終わりを迎えることを祝うビュルグブレンネンは、新しい季節を迎える希望と喜びに満ちています。大きな焚火が冬の最後の寒さを追い払い、温かな春の訪れを皆で歓迎します。

魅力その2:焚火の壮大な光景

村々で築かれる巨大な焚火は、見る人々に強烈な印象を与えます。火が夜空を照らす様子は、神秘的でありながらも温かな光景です。

魅力その3:コミュニティの絆を感じる時

地域の人々が集まり、共に焚火を囲むことで、一体感と地域への帰属意識を強く感じることができます。家族、友人、隣人と肩を寄せ合いながら、春の到来を祝うのです。

魅力その4:伝統的な飲食

焚火を囲んで食べる伝統的な食事や飲み物は、この祭りのもう一つの魅力です。地元の料理や温かい飲み物が冬の寒さを忘れさせてくれます。

魅力その5:子供たちの楽しみ

子供たちは、この日を特別に楽しみにしています。自分たちで集めた木材を焚火にくべることは、彼らにとって大きな喜びであり、貴重な体験です。

このビュルグブレンネンは、キリスト教以前からの土着の信仰が起源とされ、今では全国各地で愛される一大イベントになっています。首相が参加する姿が動画でアップされるほど、国民にとって身近なお祭りなんです。冬の終わりを告げ、新しい季節を迎えるための、ルクセンブルクならではの温かく楽しい行事。これこそが、地元に根差した、人々にとって重要なお祭りなのです。

ルクセンブルク 3月の行事・イベント

ブーデシュコル(Bou des Kueles):春の訪れを祝う祭り 

「ブーデシュコル」は、ルクセンブルクの古き良き伝統を今に伝える、ユニークで心温まるイベントです。ルクセンブルクのモーゼル地方に位置するシェンゲン(Schengen)村で毎年行われるこの祭りは、村の子供たちが主役となります。文字通りの意味で「牛の球」(これもまた奇妙な名前ですね)というこの祭りは、大変魅力的で素晴らしいお祭りです。

魅力その1: 伝統的なゲーム

この祭りの中心は、名前の由来となった伝統的なゲーム、「ブーデシュコル」です。子供たちは、木製の球を使って、牛の角の形をした金属のターゲットに向かって投げます。このシンプルで楽しいゲームは、世代を超えて親しまれている地元の遊びであり、遊びながら伝統を学ぶ絶好の機会になっているようです。

魅力その2: 家族や友人との集い

ルクセンブルグの行事・イベントを見ていると、家族や友人、コミュニティーの人たちとの絆をより深める機会として活用しているように感じられます。イベント会場には、家族連れ、親戚、友人が集まり、お互いの成功を祝い、子供たちが伝統を学ぶ姿を見守ります。

魅力その3: 地元料理と飲み物

祭りでは、ルクセンブルクの伝統料理や地元のワイン、地ビールなどの美味しい飲み物が楽しめます。モーゼル地方はワイン生産で知られており、地元産の美味しいワインを試す絶好の機会です。

魅力その4: 自然の美しさ

シェンゲン村は、モーゼル川のほとりにあり、周囲は自然に囲まれています。祭りの日は、地元の景色を楽しみながら、新鮮な空気を吸い、日常の喧騒から離れることができます。

魅力その5: 歴史的背景

ブーデシュコルは、ただのゲームではなく、長い歴史を持つ文化行事です。これを通じて、参加者はルクセンブルクの過去と現在をつなぐ貴重な経験をすることができます。

この祭りは、単に古い遊びを再現するだけでなく、地域社会における共有体験を通じて、過去から受け継がれた価値観を次世代に伝える役割を担っています。ブーデシュコルは、地元の人々にとっても、訪れる旅行者にとっても、ルクセンブルクの文化の豊かさと、人々の温かさを体感できる特別な日となっているのです。

プレッツェルの日曜日 Bretzelsonndeg 3月19日

プレッセル(甘い)

春が訪れるとともに、ルクセンブルクでは心温まる恋の伝統があります。これはレントの4週目の日曜日、ブーシブレネンの花火が冷めやらぬ3週間後のこと。2023年では3月19日がその日でした。男性はこの日、好きな女性に愛情たっぷりのプレッツェルをプレゼントするんです。プレッツェルとは、一般的には塩味のカリカリしたお菓子ですが、ここルクセンブルクではサクサクのパイ生地に甘いアイシングとアーモンドをトッピングした特別なスイーツに変身します。

面白いのは、うるう年にはこの役割が逆転すること。女性が男性にプレッツェルを贈るのです。しかし、時代の流れによって、最近では男女関係なく、愛する人にプレッツェルを送るようになってきています。甘くてサクサクのプレッツェルは、ただのお菓子ではなく、愛情のメッセージを伝える特別な贈り物なんです。今年2024年は、4年に一度のうるう年ですね。

もし愛が実ると、女性は復活祭の日に彼に卵を返します。これは「ありがとう、あなたの気持ちに応えるわ」というサイン。でももし女性がその気持ちに応えない場合、男性は空のカゴをもらうことになります。これはルクセンブルクの言い回しで「De Kuerf kréien」、つまり「カゴを手に入れる」に由来しているんです。

このかわいらしい風習は、春の訪れとともに、ルクセンブルクの恋する心を優しく揺さぶります。愛の告白の風習はただの習慣ではなく、お互いの気持ちを確かめ合う大切なプロセスとなっているんですよ。

魅力その1:愛と友情の象徴

Bretzelsonndegは、愛する家族や友人にプレッツェルを贈ることで、感謝や愛情を示す日です。手作りのプレッツェルを交換することで、人々はお互いの絆を深めます。

魅力その2:おいしいプレッツェルの楽しみ

甘くてサクサクのプレッツェルは、ただのお菓子ではなく、アーモンドやアイシングで飾られた彼らの作品は、味覚だけでなく視覚にも喜びを与えてくれ、愛情のメッセージを伝える特別な贈り物なんです。

魅力その3:春の喜びの祝祭

Bretzelsonndegはイースター前の断食の期間中にあたり、この日のプレッツェルは春の到来と共に訪れる新しい始まりの喜びを象徴しています。断食の期間中でも許されている食べ物だそうです。

魅力その4:伝統と文化

長年の伝統と文化を守るって大変なことだと思いますが、ここルクセンブルグではこのような伝統を次の世代へと自然と受け継がれるようにしているんですね。とても素敵なことだと思います

魅力その5:家族やコミュニティとのふれあい

日ごろお世話になっている隣人へ愛情をこめてプレッツェルを作り、大切な人に贈ることで、互いの大切さを再認識することができるんです。今年は私も作ってみようと思っています。

通常のプレッツェルとプレッツェルsundayのプレッツェル

通常のプレッツェル、日本やアメリカのプレッツェルを想像するとちょっと固くて驚くかもしれないですね。

プレッツェルsundayの時期だけ販売されるプレッツェルで、生地はどちらかというとパイ生地に近い感じです。

ルクセンブルク 4月の行事・イベント

ルクセンブルクのEaster

ルクセンブルクでは、イースターはキリスト教徒の祝日として重要な位置を占めており、多くの伝統的なお祝いが行われます。以下に、ルクセンブルク特有のイースターの祝い方についてご紹介します。

魅力その1:宗教に関係なく楽しめる

ルクセンブルクはキリスト教国家であり、イースターサンデーの礼拝は非常に重要です。多くの人々が教会に通い、イエス・キリストの復活を祝います。と同時にここルクセンブルグは、多くの移民が暮らしています。宗教に関係なく、春の訪れを感じることのできるEasterは、街並みに彩りを与えてくれています。

魅力その2:イースター・マーケット

イースターの時期には、ルクセンブルク市をはじめとするいくつかの町ではイースターマーケットが開かれます。手工芸品や伝統的な食べ物、イースターデコレーションが売られています。

魅力その3:エマウスの月曜日(Éimaischen)

イースターマンデーには、「Éimaischen」と呼ばれる伝統的な市場が有名です。特にヌーベルグ(Nospelt)とルクセンブルク市の二つの場所で知られており、陶器の笛「Péckvillercher」という特別な土産物が売られます。これは小鳥の形をした笛で、イースターにちなんだユニークな伝統品です。

魅力その4:家族での食事

イースターの日曜日には家族で集まり、特別な食事を楽しむことが一般的です。ラム肉の料理が伝統的なイースターの食事とされています。

魅力その5:イースターエッグ

ルクセンブルクでも子供たちはイースターエッグを探すエッグハントを楽しんだり、イースターバニーからのプレゼントを楽しみにしています。

これらの祝日は、家族や友人の絆を深め、春の訪れを祝う素敵な機となります。ルクセンブルクのイースターは伝統と現代の要素が混ざり合った、ユークな文化的体験を提供してくれるでしょう。

イースター月曜日の陶器市 Éimaischen

イースターの翌日になると、ルクセンブルク市とノスペルト村では、心待ちにしていた陶器市「エマイシェン」が賑やかに開かれます。この市場では、特に子どもたちのお気に入りである小鳥の形をした陶笛、ペックビレッシャーが大人気。両親は子供たちにこれらの笛をプレゼントするのが恒例で、色とりどりのデザインを見比べるのも楽しいひとときです。コレクターや家族連れは、お気に入りの一品を探したり、年ごとのコレクションを増やしたりしながら、春の訪れを祝います。

このフェスティバルは、1800年代初頭から続く長い伝統を持ち、ルクセンブルクの陶芸の技術と芸術を称える象徴的なイベントです。ペックビレッシャーはエマイシェンでしか手に入らない貴重なアイテムで、その年ごとに変わるユニークな形は人々を惹きつけ、コレクションへの情熱をかき立てます。この小鳥の笛からは、春の喜びを告げるような鳴き声が聞こえ、まるで村全体が生き生きと歌っているような雰囲気を醸し出します。

エマイシェンは、ただの市ではなく、春の始まりを祝い、地元の手工芸を愛する人々が集い、共に時を過ごす大切な場。

魅力その1:ペッフェカーの魅力

この市で特に有名なのは、伝統的な笛「Péckvillercher」です。これは陶器でできた小鳥の形をした笛で、イースターの贈り物として子供たちにとても人気があります。手作りの温もりを感じることができるでしょう。

魅力その2:手工芸品の宝庫

様々な陶器製品や手工芸品が並ぶブースを巡ることで、ルクセンブルクの伝統的な工芸技術を間近で見ることができます。それぞれに職人の心が込められているんです。

魅力その3:春の訪れを感じる

冬の寒さが和らぎ、暖かな春の空気の中で開催されるÉimaischenは、季節の変わり目を感じさせてくれます。新しい季節の始まりにふさわしい、明るく楽しい雰囲気が漂います。

魅力その4:地元の味覚を堪能

陶器市のもう一つの楽しみは、地元の美味しい食べ物です。伝統的なルクセンブルク料理やスイーツを味わうことができ、食を通じて地域文化を体験することが可能です。

魅力その5:地元コミュニティと観光客の交友

毎年ペッフェカーをコレクションとしている多くの観光客と地元の人々の交流は、とても心温まるものがあります。また今年も会えたね!とお互いに語り合っているようです。そうことばが通じなくても、心が通じ合うって素晴らしいことですよね。

Éimaischenは、単なる市ではなく、人々が集い、季節の変わり目を共に祝う、ルクセンブルクならではの色鮮やかな祭りです。春の一日を、陶器市での楽しい発見と共に過ごしてみてはいかがでしょうか。

ルクセンブルク 5月の行事・イベント

オクターヴ Octave 

イースターが過ぎ、春の息吹が心地よい頃、ルクセンブルクでは大切な宗教的祭事期間が訪れます。これは、特にキリスト教徒にとって意味深い時期で、イースター後の第3日曜日から第5日曜日にかけて行われる「オクタ―ヴ」と呼ばれる期間です。

16世紀から17世紀にかけてのルクセンブルクは、戦争や飢饉、そしてペストの流行で非常に苦しい時を過ごしました。そんな時、人々は精神的な支えとして聖母マリアにすがり、彼女を国の守護聖女として深く敬いました。今でもその伝統は続き、ルクセンブルクの人々はノートル・ダム大聖堂に集まり、聖母マリアへの祈りを捧げるのです。

この巡礼の起源は1666年に遡り、ペストが蔓延していた時期に、聖母マリアが「苦しむ人々の慰め者」として選ばれたことに始まります。今ではその聖なる像は、ルクセンブルクのノートルダム大聖堂の黄金の祭壇で見ることができ、オクタ―ヴの期間中は特別な衣装をまとい、大聖堂も美しく飾られます。

魅力その1:歴史と伝統

オクターヴは数世紀にわたって開催されており、ルクセンブルクの豊かな歴史と文化を象徴するイベントです。この長い歴史を感じられる瞬間は、訪れる人々にとって特別な体験となります。

魅力その2:食文化

お祭りではルクセンブルク固有の美食が多数出店されます。地元の料理やスイーツ、そしてワインやビールといった飲料を楽しむことができ、味覚を通じてルクセンブルクの文化を体験することができます。

魅力その3:音楽とエンターテイメント

様々な音楽パフォーマンスやライブバンドが祭りを盛り上げます。ジャンルもクラシックから現代音楽まで幅広く、訪れる人々を楽しませてくれます。

魅力その4:市場とショッピング

祭りでは多くの露店が立ち並び、伝統的な工芸品から現代的な商品まで、様々なショッピングの機会が提供されます。これらの市場は、ユニークなアイテムを探し求めるショッピング愛好家にとって魅力的です。

魅力その5:装飾と雰囲気

祭りの期間中、街は華やかな装飾で飾られ、祝祭の雰囲気が漂います。光と色で装飾された街並みは、訪れる人々にとって目を楽しませるだけでなく、写真撮影の絶好の機会となります。

オクターヴ祭りは単なるイベントを超え、文化的な饗宴として多くの人々に愛されています。

この行事はただの祭りではなく、長い歴史を通じて人々の心の支えとなり、共に困難を乗り越える力を与えてくれた聖母マリアに感謝し、祝福するための大切な時間なのです。

EuropeDay 5月9日

ヨーロッパデーは、欧州統合の平和と団結を祝う日として、ヨーロッパ全土で5月9日に祝われます。この日は、1950年にフランスの外相であったロベール・シューマンが、後に欧州連合(EU)の基礎となるシューマン宣言を発表した日です。

ルクセンブルクにおいてヨーロッパデーは特に意味のある日であり、以下のような魅力が考えられます。

魅力その1:公式のセレモニー

ルクセンブルク政府や欧州機関は公式のセレモニーや記念行事を開催します。これには、政治家や公人によるスピーチや、ヨーロッパ統合の意義についての討論会が含まれる場合があります。

魅力その2:オープンハウス

ルクセンブルクは多数のEU機関の本部を擁しているため、ヨーロッパデーにはこれらの機関が一般市民に向けてドアを開放し、オープンハウスイベントを行うことがあります。これにより、市民はEUの働きや、各機関がどのように機能しているかを間近で見ることができます。

魅力その3:文化イベント

コンサート、展示会、フォーラム、ワークショップなど、ヨーロッパの多様性と文化を祝うイベントが開催されることがあります。これらのイベントは市民にEUについて学ぶ機会を提供し、異なる文化間の対話を促進します。

魅力その4:学校での活動

学校では、ヨーロッパデーにちなんだ教育プログラムや活動を行うことがあります。子供たちはヨーロッパ連合に関するクイズに参加したり、EU加盟国の旗を作成するなどして、ヨーロッパの歴史や価値について学びます。

魅力その5:メディアキャンペーン

テレビやラジオ、オンラインメディアを通じて、ヨーロッパデーに関連する特別なプログラムやキャンペーンが放送されることもあります。

ルクセンブルクはEUの創設メンバーの一つであり、ヨーロッパデーは国民にとってヨーロッパ統合の価値を再確認する機会となっています。一部のイベントがオンラインで行われたり、または制限される場合もありますので、最新の情報を確認することが大切です。

INGナイトマラソン

2006年にINGが「Globe Runners」というプロジェクトをスタートさせたことから始まりました。健康とウェルビーイングを推進するこのマラソンは、今や16,000人以上が参加する大人気のスポーツイベントに成長。お早めに申し込まないと、あっという間にゼッケンがなくなってしまうほどです。

ルクセンブルクの夜を彩る、光とエネルギーに満ちたイベント、「INGナイトマラソン」を、皆さんにもっと身近に感じてもらえるようにお話ししましょう。

魅力その1:夜の街を駆ける爽快感

「ナイトマラソン」という名の通り、夜に開催されるこのレースは、昼間のマラソンにはない特別な魅力があります。星空の下、ライトアップされた街並みを走るのは、まさに一生の思い出に残る体験です。

魅力その2:国際的なフェスティバルの雰囲気

世界中から集まったランナーたちとその応援団によって、レースは国際的なフェスティバルのような雰囲気に包まれます。さまざまな言語が飛び交い、国境を越えた友情と競争が生まれます。

魅力その3:エンターテイメントと応援

コース沿いでは数多くのバンドやDJが演奏し、ランナーたちを鼓舞します。また、応援する人々の熱気がランナーのアドレナリンを高め、最後まで走り抜く力を与えてくれます。

魅力その4:美しいルクセンブルクの景観

マラソンのコースはルクセンブルク市の美しさを堪能できるよう考えられています。古城や緑豊かな公園、モダンな建築物を眺めながらのランは、観光と運動を同時に楽しむことができます。

魅力その5:プロからアマチュアまで

様々な距離のレースが用意されているため、プロのアスリートから日常的に運動を楽しむアマチュアまで、幅広いランナーが自分のペースで参加できます。自己ベストを目指すもよし、仲間と楽しみながら完走を目指すもよし、それぞれのスタイルでレースを満喫できます。

このINGナイトマラソンはただのレースではなく、一晩中続く祝祭です。走る喜び、応援する楽しさ、そして何よりも共有する絆が、参加者全員にとって忘れがたい経験となります。この記事を読んだあなたも、ぜひこの魅力的なイベントに参加して、ルクセンブルクの夜を最高の思い出にしませんか?

ING ナイトマラソンの詳細は、夜空の下で輝く: INGナイトマラソンの魅惑的なラン体験
是非ご覧ください。

ウィルツのゲンゼフェスト・Wilz Gënzefest

ウィルツの街が黄金色に輝く、心躍る「ゲンゼフェスト」のお話をしましょう。

春が深まる5月、ルクセンブルクの美しい町ウィルツでは、毎年の聖霊降臨祭の月曜日に特別なお祭りが開催されます。それは「ゲンゼフェスト」と呼ばれる、黄色い花、ハリエニシダを称えるお祭りです。町は黄金色に包まれ、夏の訪れを告げる自然の美しさが人々の心を和ませます。

魅力その1:色鮮やかな花々

フェスティバルは特にゴールデンレイン(キンシバイ)の花で知られています。街中が黄色の花で飾られ、見る人々を鮮やかな色彩で魅了します。

魅力その2:芸術と手工芸

地元の芸術家や職人による作品が展示・販売され、手作りのジュエリーや装飾品など、ユニークなアイテムを見つけることができます。

魅力その3:音楽とダンス

ステージではジャズ、クラシック、フォークなど、さまざまなジャンルのライブパフォーマンスが楽しめ、訪れる人々をリズミカルに楽しませます。

魅力その4:グルメ体験

地元の特産品やグルメフードが並ぶ屋台では、新鮮な食材を使った料理やスイーツを堪能することができます。

魅力その5:自然の中のアクティビティ

フェスティバルはウィルツの美しい自然の中で行われ、散策や写真撮影など、自然を満喫しながら楽しむことができます。

Gënzefestは、花々の美しさ、文化的な豊かさ、そして美食を楽しむことができる、春の訪れを祝う素敵なお祭りです。

エヒタナハの踊りの行進 Echternach dancing procession

エヒタナハの街がリズムと喜びでいっぱいになる、春の特別な一日についてお話しましょう。

毎年、ペンテコステの次の火曜日、ルクセンブルクの古都エヒタナハは、色とりどりの伝統が息づく「スプランプレセッション」という独特な踊りの行進で賑わいます。この日は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている、全国から巡礼者が集まるルクセンブルクで最も愛されているお祭りのひとつです。

町中が一体となって、小さな飛び跳ねのステップを踏みながら、手に手を取り合い、連なって進む様子は、見る人々をも巻き込んでしまうほどの楽しさ。白いハンカチを振りながら、左右にステップを踏むシンプルでリズミカルな動きに合わせ、町は喜びの波に包まれます。

エヒタナハの踊りの行進(Echternach dancing procession)は、ユニークな体験と文化的な豊かさを提供するイベントです。以下にその魅力を5点、ご紹介します。

魅力その1:伝統的なダンスステップ

行進特のリズミカルなステップで知られてお、その同調した動きは見る人々を魅了します。参加者が一斉に左右に跳ねる様子は、見えがあります。

魅力その2:音楽の生演奏

伝統的な楽器による生演奏が行進伴い、躍動感あふれる音楽が祭りを盛上げます。その音楽は、参加者だけでなく観客の足をも自然動かします。

魅力その3:カラフルな衣装

加者たちは色鮮やかな衣装を身にまとい、そのビジュアルはフェスティバルの華やかさを一引き立てます。

魅力その4:多様な参加者

世界中から集まる参加者たちは、年齢や籍を超えて一体となります。この多様性はフェスティバルの国際的な魅力を象徴しています。

魅力その5:歴史的な背景

この行進は長い歴史を持ち、中世から続く伝統を今に伝えています。歴史に興味がある人にとは、その背景を学ぶ絶好の機会です。

エヒタナハの踊りの行進は単なるイベントを超え、文化的饗宴として多くの人々に愛されています。

ペンテコステ(Pentecost)ってなに?

ペンテコステ(Pentecost)はキリスト教の祝日で、イースター(復活祭)から数えて50日目にあたります。この日は、聖霊が使徒たちに降りてきたことを記念しています。西方教会ではイースターの翌日を含めて50日目に当たる日曜日をペンテコステとして祝います。したがって、ペンテコステの週末とは、その年のペンテコステが含まれる週末を指し、多くの場合、ペンテコステの日曜日とその翌日の月曜日が公休日となる国もあります。

ルクセンブルク 6月の行事・イベント

ナショナル・ディ Nationalfeierdag 6月22日〜23日

ルクセンブルクが一年で最も華やかになる日、それが「ナショナル・ディ」。6月23日は公式には大公の誕生日とされていますが、実はこれは現大公アンリの本当の誕生日ではなく、かつての大公シャーロットの1月23日を、より祝祭日がしやすい温かい季節に移したものなんです。大公が変わってもこの日は変わらず、ルクセンブルク最大の国家イベントとして、前夜の22日から街中が祝賀ムードに包まれます。

ナショナル・ディ(Nationalfeierdag)はルクセンブルクの国民の日で、国全体が祝賀ムードに包まれる特別な日です。以下にその楽しいイベントとしての魅力を5点、紹介いたします。

魅力その1:壮大な花火

6月22日の夜には、ルクセンブルクの空を彩る壮大な花火が打ち上げられます。色とりどりの光が夜空を美しく飾り、見る人々に感動を与えます。

魅力その2:コンサートとライブミュージック

さまざまな場所で開催されるコンサートやライブミュージックが、祝祭の雰囲気を盛り上げます。ジャンルも多岐にわたり、音楽好きにとっては見逃せないイベントです。

魅力その3:伝統的な軍事パレード

都心部では伝統的な軍事パレードが行われ、厳かながらも華やかな姿を見ることができます。国の歴史と文化に触れる機会としても興味深いです。

魅力その4:食べ物と飲み物

フェスティバルでは、地元の料理や伝統的なデリケートが屋台で楽しめます。ルクセンブルクのビールやワインを味わいながら、心もお腹も満足できるでしょう。

魅力その5:ファミリー向けのアトラクション

子供たちが楽しめるようなファミリー向けのアトラクションや活動も多数用意されており、家族連れでも一日中楽しむことができます。

ナショナル・ディは、国の誕生日を祝う祭日であり、様々な催し物で国全体が一つになる楽しい一日です。

小国の大きなお祝い:ルクセンブルク国民の日フェスティバル に詳細を書いておりますので、是非こちらの記事もご覧くださいね。

ルクセンブルク 7月の行事・イベント

ルクセンブルク市の国際音楽フェスティバル

ルクセンブルク市で7月に開催される国際音楽フェスティバルとしては、「ルクセンブルク・フィルハーモニー」が主催する「夏の音楽祭 (Festival de musique de chambre)」が有名です。このフェスティバルでは、クラシック音楽を中心に、様々なジャンルの音楽が披露されます。

以下に、この音楽祭の特徴をいくつかご紹介します。

魅力その1:国際的なアーティスト

世界中から一流の音楽家やアンサンブルが招待され、クラシック音楽の演奏を行います。これには、オーケストラ、室内楽、ソロのリサイタルなどが含まれます。

魅力その2:多様なプログラム

古典的な作品から現代音楽まで、幅広いプログラムが用意されており、音楽愛好家にはたまらない内容です。

魅力その3:美しい会場

フェスティバルの会場となるフィルハーモニーは、現代的な建築と優れた音響設備を誇ります。その他、ルクセンブルク市内の歴史的な建造物や屋外でもコンサートが行われることがあります。

魅力その4:教育プログラム

若い世代を対象とした教育的なイベントやワークショップが開催されることもあり、音楽の楽しさを学ぶ機会を提供しています。

魅力その5:追加イベント

音楽の演奏に加えて、講演会やマスタークラス、アーティストとの交流会なども行われることがあります。

音楽フェスティバルは、ルクセンブルクの夏の文化イベントのハイライトの一つであり、地元の人々はもちろん、国際的な訪問者にも愛されています。ただし、実施されるイベントの詳細や日程は、年によって異なる場合があるため、訪れる前に公式サイトなどで最新の情報を確認することが重要です。

レトロフェスティバル:古い車やバイクの展示

ルクセンブルクで開催されるレトロフェスティバルは、古い車やバイク、時にはその他の古典的な乗り物を愛する人々にとって、まさに夢のようなイベントです。このフェスティバルは、自動車の歴史を祝い、保存することに専念しており、参加者たちは昔の時代にタイムスリップしたような感覚を味わうことができます。

では、その魅力をいくつかのポイントでご紹介しましょう。

魅力その1: 幅広い展示

レトロフェスティバルでは、愛情を込めて修復されたビンテージカーやクラシックバイクが展示されます。これらの車両は、ただの乗り物以上のものです。それぞれが、過去のエンジニアリングの粋と、当時のデザインの美学を体現しています。愛車を展示するオーナーたちは、その歴史やレストアのプロセスについて情熱を持って語ります。

魅力その2: ノスタルジックな雰囲気

フェスティバル会場は、古き良き時代の雰囲気で溢れています。クラシック音楽が流れ、時には当時の服装をした参加者も見られるかもしれません。まるで時間を遡って、その時代の生活を垣間見ることができるのです。

魅力その3: 家族向けのエンターテイメント

レトロフェスティバルは、家族全員で楽しめるイベントです。子どもたちにとっては、歴史の教科書から飛び出してきたかのような車やバイクに触れることができる貴重な経験となります。また、フードスタンドやエンターテイメントも充実しているため、一日中楽しむことができます。

魅力その4: 情熱的なコミュニティ

このフェスティバルは、同じ趣味を持つ人々が集まる場でもあります。古い車やバイクに関する知識や話を共有できるので、新たな友人を作る絶好の機会となるでしょう。

魅力その5: 試乗体験

時には、ビンテージカーやクラシックバイクの試乗体験ができることもあります。これは、ただ見るだけではなく、実際にその時代の乗り心地を体感できるという、非常に貴重な機会です。

レトロフェスティバルは、過去の宝物を今に伝える素晴らしい場であり、自動車文化を深く愛するすべての人々にとって、忘れられない体験となるでしょう。自動車愛好家はもちろん、歴史や文化に興味がある方にもおすすめのイベントですよ。

ヴィアンデンの中世の祭り

毎年大勢の訪問客で賑わうヴィアンデンの中世の祭りは、まるでタイムスリップしたかのように感じるとても壮大なお祭りで大人気となっています。

ヴィアンデンの中世の祭りの魅力その1:歴史的な背景

ヴィアンデン城は中世の雰囲気を色濃く残しており、祭りはこの壮大な歴史的建造物を舞台に繰り広げられます。来場者はまるで時間を遡ったかのような感覚を味わうことができます。

ヴィアンデンの中世の祭りの魅力その2:中世の衣装とパフォーマンス

騎士たちの甲冑や貴婦人のドレスなど、中世の衣装を身にまとった人々が城内外で見られます。中世の音楽、ジャグリング、剣戟ショーといったパフォーマンスも楽しめます。

ヴィアンデンの中世の祭りの魅力その3:マーケットと屋台

手工芸品や中世の食品を扱う市場が設けられ、中世の雰囲気の中でショッピングを楽しむことができます。伝統的な食事や飲み物を味わうことも祭りの醍醐味の一つです。

ヴィアンデンの中世の祭りの魅力その4:ワークショップと体験

職人技を学びながら自分で作品を作るワークショップが開催されることもあり、実際に中世の技術を体験する貴重な機会を提供しています。

ヴィアンデンの中世の祭りの魅力その5:多彩なショー

中世の楽器の演奏、舞踊団体のパフォーマンス、騎士のキャンプ、火遊びと剣闘のショーなど、多彩なエンターテインメントが提供され、訪問者を飽きさせません。

これらの要素が組み合わさり、ヴィアンデンの中世の祭りは家族連れ、歴史愛好家、冒険心溢れる旅行者にとって、忘れられない体験を提供しています

魅力あふれるヴィアンデンの中世の祭りでは、ヴィアンデンのホテル情報も合わせ掲載していますので、是非ご参照ください。

ルクセンブルク 8月の行事・イベント

聖母被昇天祭 8月15日

夏の終わりを彩るルクセンブルクの聖母被昇天祭、ここでは宗教的な側面を除いた一般的な魅力を5つ挙げ、その心温まるお祝いをご紹介しましょう。

8月15日、ルクセンブルクの空は聖母マリアの被昇天を祝う祈りで満たされます。この日、村々はマリア像をお神輿に乗せ、愛と敬意を込めて村内を回ります。特にモーゼル川流域では、この日がもう一つの意味を持ちます。ここでは、ハーブや穀類で作った色鮮やかなブーケを飾り、ワインと共に夏の終わりと収穫の時を祝うのです。

魅力その1:公共の休日

聖母被昇天祭は国民の休日であり、友人や家族と共に過ごす特別な時間を持つことができます。日常から離れてリラックスする絶好の機会です。

魅力その2:市場とフェア

この期間中、様々な市場やフェアが開催され、手工芸品や地元の食品など、多種多様な商品が販売されます。ショッピングやブラウジングを楽しむのに最適です。

魅力その3:文化的なイベント

祭りを祝うためのコンサート、展示会、パフォーマンスなど、文化的なイベントが数多く開催されます。これらは芸術や音楽を愛する人々にとっての魅力です。

魅力その4:食事とグルメ

休日中は特別なメニューを提供するレストランが多く、ルクセンブルクの伝統的な料理「ワインセラーズ プレート」やデザートを味わいながら、地元のワインも楽しむことができます。食通にとっては見逃せない機会です。

魅力その5:美しい夏の天気

8月の祭りは通常、気候が温暖であり、屋外での活動や自然の中で過ごすのに最適な時期です。ピクニックやハイキングなど、屋外でのレクリエーションを楽しむことができます。

聖母被昇天祭は、ルクセンブルクの文化と生活を体験する素晴らしい機会を提供し、訪れる々に様々な楽しみ方を提供します。

シューバーファウアー Schueberfouer 8月23日〜9月11日

夏の終わり、ルクセンブルク市のグラシス駐車場が、一夜にして魔法の国に変わる時があります。それが「シューバーファウアー」、ルクセンブルク最大の移動遊園地のお祭りです。

この場所は、一年で最もワクワクする時期になると、200以上のアトラクションや屋台で賑わい、国内外から何百万人もの人々が訪れる場所に変身します。シューバーファウアーはルクセンブルク市の心ともいえるイベントで、その歴史は1340年にまで遡ります。2020年と2021年はパンデミックのために中止となってしまいましたが、2022年は8月19日から9月7日まで、再びその賑わいを取り戻します。

そして、シューバーファウアーだけでなく、市中心部で開催される「Braderie」という蚤の市も見逃せません。Grand-rueのお店が外に出てきて、特別な価格で商品を売り出します。毎年何かしらの掘り出し物を見つけることができる、ショッピングの祭典です。

シューバーファウアーの始まりは、ボヘミア王でありルクセンブルク伯でもあったジョン・ザ・ブラインドによって1340年に設立された市場でした。始めは8日間の市場として、サン・バルテルミーの祝祭を祝うものでしたが、今では一大イベントに成長しています。かつてのサンテスプリ高原からリンペルツベルク地区へと場所を移し、最終的にはグラシスに定着しました。

今や、シューバーファウアーは単なる市場ではなく、乗り物、ゲーム、グルメの店がいっぱいの、ルクセンブルクで最も待ち望まれる毎年恒例のお祭りです。毎年夏が終わる頃、わくわくするようなアトラクションや美味しい食べ物、楽しい音楽で、老若男女問わず、すべての人々を魅了します。

今年のシューバーファウアーで、一緒に夏の終わりを盛大に祝いましょう。楽しい思い出を作るには、これ以上の場所はないですよ!

魅力その1:アトラクションの多様性

シューバーファウアーにはスリル満点の乗り物から子ども向けのアトラクションまで、幅広い年齢層が楽しめる多様なアトラクションが揃っています。巨大なジェットコースターや観覧車などが園内を賑わせます。

魅力その2:グルメ体験

ルクセンブルクのグルメを一堂に味わえる屋台が多数出店しており、伝統的な料理から国際的な食事まで、さまざまな味覚を楽しむことができます。もちろんレストランも出店されますので、そこで家族や友人たちとワイワイ楽しいひと時を楽しむこともできますね。レストランは、事前予約をお勧めします。

魅力その3:伝統的なゲームと露店

シューティングゲームや輪投げなど、伝統的なフェアゲームを楽しむことができます。また、様々な商品を扱う露店もあり、お土産選びも楽しい時間になりますね。

魅力その4:音楽とエンターテインメント

ライブバンドやDJによるパフォーマンスがあり、祭りを盛り上げます。音楽が流れる中で、友達や家族と一緒に踊ったり、リラックスしたりすることができます。

魅力その5:社会的なイベントとしての体験

大勢の人々が集まるこの祭りは、新しい人々と出会い、交流を深める絶好の機会を提供します。祭りの喧騒の中で、共通の楽しみを共有することは特別な体験です。

シューバーファウアーは、年間を通じてルクセンブルクで最も期待されるイベントの一つであり、老若男女を問わず楽しめる多彩な魅力があります。

ルクセンブルク 9月の行事・イベント

ルクセンブルク秋のワイン祭り

秋の訪れと共に、ルクセンブルクはワイン愛好家にとって最も楽しみな季節を迎えます。モーゼル川沿いのぶどう園が色づき始めるこの時期、ワイン祭りの賑わいで町は一層の活気を見せます。

9月から10月にかけて、各ワイン生産地で開催されるワイン祭りは、まさに秋の風物詩。この時期ならではの、発酵途中の爽やかな若いワイン「Fiederrosé」と「Fiederwäissen」の試飲は、訪れる人々に新たな発見をもたらします。リースリングの女王が選ばれるWormeldangeの「Riesling Open」や、レトロな遊園地が出現するRemichの「クレマンフェスティバル」、そしてSchengenの「Hunnefeier」では、地元の誇るリースリングやクレマンがずらりと並びます。

魅力その1:ワインの品評と試飲

ルクセンブルクはモーゼル川沿いで生産される高品質なワインで知られています。ワイン祭りでは、地元のワイナリーが自慢のワインを提供し、専門家による品評を楽しむことができます。

魅力その2:秋の自然の美しさ

ワイン祭りは秋に開催され、ルクセンブルクの自然が色鮮やかに変化する時期に合わせています。ワイン畑を背景にした景色は、特に美しく訪れる価値があります。

魅力その3:ワイン文化への洞察

ワイン生産に関するツアーやデモンストレーションを通じて、ワイン作りのプロセスや地元のワイン文化について深く学ぶことができます。

魅力その4:ガストロノミーの体験

地元の食材を使った料理や地ワインとのペアリングを提案するレストランが多く、ルクセンブルクのガストロノミーを堪能できます。

魅力その5:伝統と革新の融合

ルクセンブルクは伝統を重んじながらも、革新的なワイン作りにも積極的です。古典的なワインから実験的なものまで、幅広い種類を試すことができるでしょう。

秋のワイン祭りは、伝統とお祝いが融合したルクセンブルクの誇り。ぶどうの丘が黄金色に染まる美しい景色の中で、地元のワインと共に過ごすひとときは、訪れる人々にとって忘れられない思い出となることでしょう。ワイン愛好家も、そうでない人も、この祭りの魅力にきっと魅了されるはずです。

ルクセンブルク 10月の行事・イベント

ナッツフェスト(Nutsmarket): 秋の収穫を祝う市場

ナッツフェスト(Nutsmarket)は、ルクセンブルクのヴィアンデン(Vianden)で毎年10月第二日曜日に開催される伝統的な市場です。この名前は「ナッツマーケット」と直訳され、ナッツをはじめとする季節の商品が豊富に取り揃えられることからその名がつけられました。この市場は、地元の人々にとって重要な秋のイベントであり、観光客にとっても魅力的な訪問先です。私も家族や友達と一緒に毎年Viandenのナッツフェストを訪れています。

魅力その1: 地元の味覚

ナッツフェストでは、新鮮なナッツをはじめとする秋の収穫物を楽しむことができます。地元の農家や生産者が、栗、くるみ、アーモンドなどのナッツ類をはじめ、季節のフルーツや野菜、手作りのジャムやハニーを販売しています。「Nëssdrëpp」(ナッツ・シュナップス)は、準備に時間をかけ熟成させて芳醇な香りのするナッツのリキュールで是非お試しいただきたいリキュールです。またナッツが豊富に入ったパウンドケーキも見逃せない逸品ですよ。

魅力その2: 伝統と文化

この祭りは、ルクセンブルクの伝統と文化を体験する絶好の機会を提供してくれます。訪れる人々は、地元の歴史や習慣に触れることができ、地域の手工芸品や芸術作品も手に入れることができます。

魅力その3: 家族で楽しめるイベント

子供たちにとっても楽しいアクティビティが用意されており、家族連れには特におすすめのイベントです。ストリートパフォーマンスやワークショップ、子供向けのゲームなどがあり、一日中楽しむことができます。

魅力その4: 食の祭典

地元の食材を使用した料理を楽しむことができるフードスタンドが多数出店します。温かいスープ、伝統的なソーセージ、フレッシュなパンとチーズ、そしてもちろん、ナッツを使ったさまざまなスイーツが味わえます。

魅力その5: 社交の場

ナッツフェストは、地元の人々が集まり、友人や家族との絆を深める場でもあります。冷たい季節が訪れる前のこの時期に、温かいコミュニティの雰囲気の中で、人々は交流を楽しみます。

ナッツフェストは、地元の市場の魅力を存分に味わいたい方にとって、見逃せないイベントです。地元の風土を感じながら、美味しい食べ物を楽しむことができるこの市場は、ルクセンブルクの秋の風物詩とも言えるでしょう。

ヴィアンデンのナッツフェスティバルについての記事をお届けします!美味しいナッツスイーツやクリエイティブなナッツ料理、驚きのナッツドリンクなど、楽しいイベントが盛りだくさんです。交通手段や地元のおすすめスポットもご紹介しています。ぜひご覧ください! 

↓ ↓ ↓

ヴィアンデンのナッツフェスト:秋の味覚と楽しさが満載!

ミュージアムナイトNuit Des Musées

ミュージアムナイト(Nuit Des Musées)は、博物館が夜遅くまで開館し、普段とは違う雰囲気で芸術や歴史を楽しむことができるイベントです。アートに興味がない方でも楽しめるような魅力を5つ紹介しますね。

魅力その1:特別な夜間開館

日中は忙しいという人も夜なら訪れやすいですし、昼間とは一味違うミステリアスで特別な雰囲気の中、展示を鑑賞できるのは新鮮な体験です。

魅力その2:限定イベントとパフォーマンス

ミュージアムナイトでは、通常の展示に加えて様々なライブパフォーマンスやワークショップが開催されるため、アートだけでなくエンターテインメントを楽しむことができます。

魅力その3:夜の散策

夜の街を散策しながら複数の博物館を巡るのは、デートや友達との出かけにも最適です。夜の涼しい空気の中を歩き、文化的な夜を満喫できます。

魅力その4:特別展示とインタラクティブ体験

この夜限定で特別に公開される展示やインタラクティブな展示があることも多く、より親しみやすい形でアートに触れることができます。

魅力その5:美食とのコラボレーション

一部の博物館では、地元の料理や特別なドリンクを提供することがあります。美術鑑賞だけでなく、味覚でも楽しめるので、グルメな方にもおすすめです。

ミュージアムナイトは、アートと文化をもっと身近に感じられる、ユニークで魅力的なイベントです。アート好きはもちろん、そうでない方にも新しい夜の楽しみ方を提供してくれることでしょう。

トロイリヒト(ルクセンブルクのハロウィーン)Trauliicht

「トラウリーヒト」は、ルクセンブルクの伝統的な秋の祭りで、特にルクセンブルクのオースリング地方で古くから親しまれています。アメリカのハロウィーンがカボチャのランタンを作り、仮装して楽しむお祭りであるのに対し、トラウリーヒトはビート(てんさい)でランタンを作るというユニークな特徴があります。

この祭りは、収穫を終えた秋の終わりに、悪霊を追い払うという古い信念に基づいています。人々はてんさいをくり抜き、恐ろしい顔を彫り、中にろうそくを灯してランタンを作ります。そして、子どもたちがこれらのランタンを持って村を練り歩き、悪霊を追い払うとされています。

トロイリヒト(Trauliicht)は、ルクセンブルク特有の伝統的な祭りで、ハロウィンに似た要素を持ちつつ、独自の文化的特色を放っています。以下は、トロイリヒトの魅力を5点にまとめたものです。

魅力その1:ビート(てんさい)のランタン

トロイリヒトでは、ビートをくり抜いて作られたランタンが特徴的です。これらは祭りの象徴であり、暗闇を照らす幻想的な光は、参加者にとって忘れがたい光景を提供します。

魅力その2:伝統的な伝説と物語

祭りはルクセンブルクの伝統的な伝説や物語に根ざしており、これらのストーリーテリングを通じて古い時代の文化を体験することができます。

魅力その3:仮装とパレード

参加者は様々な仮装をしてパレードに参加し、祭りの雰囲気を盛り上げます。創造性と自己表現の場として、多くの人々に楽しまれています。

魅力その4:地域社会のイベント

地域社会主催のイベントが数多くあり、手作りの装飾や地元の食材を使った料理など、コミュニティ主導の祭りとして楽しむことができます。それぞれの街・村ならではのイベントも沢山あり、訪れす人を楽しませてくれます。

魅力その5:家族向けアクティビティ

子供たちがビートをくり抜いてランタンを作ったり、工作やゲームを楽しんだりするなど、家族全員が参加できるアクティビティが用意されています。

トロイリヒトは、ルクセンブルクの秋の伝統を祝う祭りであり、老若男女問わず、地元文化を深く味わうことができる魅力的なイベントです。

ルクセンブルク 11月の行事・イベント

アルソール(Allerheiligen)11月1日

アルソール(Allerheiligen)は、ルクセンブルクを含む多くのキリスト教国で祝われる聖人を記念する祝日です。11月1日に行われるこの日は、全ての聖人と殉教者を称えるためのもので、公的な休日の一つとなっています。ルクセンブルクにおけるアルソールの祝い方には、特有の魅力があります。

魅力その1: 家族の絆

ヨーロッパの家庭をみていると、家族で集まることがとても多いように感じます。アルソールもまた家族が集まり、故人を思い出し、共に時間を過ごす日です。多くの家族は墓地を訪れ、故人の墓に花を手向けたり、ろうそくを灯します。これは故人への敬意を表し、家族の絆を再確認する大切な習慣です。これって日本で言うお盆とにているのかな?

魅力その2: 静かな反省

日常の忙しさから一時的に離れ、静かに内省する時間を持つことができます。アルソールは、過去の人生を振り返り、現在を評価し、未来に思いを馳せるための日です。

魅力その3: 文化的伝統

ルクセンブルクでは、アルソールを通じて国のキリスト教的伝統が色濃く反映されます。教会では特別なミサが行われ、聖人たちの生涯と犠牲に感謝する祈りが捧げられます。

魅力その4: 公共の祝日

公共の祝日として、多くの人々が仕事を休み、家族や友人と共に過ごすことができるので、コミュニティとしての結束を強めるきっかけにもなります。

魅力その5: 季節の変わり目

11月の初めは、秋が深まり、冬の訪れを感じさせる時期です。この季節の変わり目にアルソールを迎えることで、自然のサイクルと人生のサイクルが重なり合う感覚を味わうことができます。

アルソールは、ルクセンブルクの人々にとって深い思い入れのある祝日です。家族やコミュニティと共に過ごす時間は、人々にとって精神的な充足感と平和をもたらし、忘れがたい記念日となっています。

インターナショナルバザー  International Bazar 11月24日~11月26日

ルクセンブルクの「インターナショナルバザー」は、多様性と国際色豊かな文化が融合する素晴らしいイベントです。一年で最も世界を身近に感じられるこの市場は、世界中の国々が一堂に会し、それぞれの国の手工芸品、食品、音楽、文化を披露する場となっています。

魅力その1:多国籍文化の融合:

ルクセンブルクは多文化国家であり、インターナショナルバザーはその多様性を色濃く反映しています。世界各国の文化や伝統が一同に会し、訪れる人々に国際的な雰囲気を体験させてくれます。

魅力その2:グルメの宝庫

ルクセンブルク料理だけでなく、世界中の美味しい料理を味わうことができます。各国のスタンドでは、その国特有の料理やスイーツが販売されており、食べ歩きも楽しめます。

魅力その3:手工芸品とアート

各国から集まった美しい手工芸品やアート作品を見ることができます。これらは購入することも可能で、ユニークな土産としても最適です。

魅力その4:音楽とパフォーマンス

ライブミュージックやダンス、伝統的なパフォーマンスは、バザーの活気あふれる雰囲気を盛り上げます。世界各国の芸術を生で体験することができるでしょう。

魅力その5:国際的な出会いと交流

世界中から人々が集まるこのイベントは、新しい友達を作ったり、異文化交流を深める絶好の機会となります。言語や背景が異なる人々との会話は、視野を広げる刺激的な経験です。

このバザーの素晴らしい点は、世界を旅するよな感覚で国際的な共感と理解を深めることだけでなく、収益の多くが慈善目的で使われることです。つまり、インターナショナルバザーは、世界中の人々を支援するために一役買っているのです。

International Bazarで世界の文化とグルメを楽しもう こちらの記事にInternational Bazarについてより詳細に記載しておりますので、是非ご覧くださいね。

ルクセンブルク 12月の行事・イベント

聖ニコラの日 St.Nicola’s Day 12月6日

ルクセンブルクでは、毎年12月6日に「聖ニコラの日」を祝います。この日は、子どもたちにとって特別な日であり、サンタクロースに似た愛される伝統的な人物、クラインクネヒト・ルペレヒト(Kleeschen & Houseker)が訪れる日です。

聖ニコラの日(St. Nicola’s Day)はルクセンブルクにおいて子どもたちにとって非常に特別な日で、その魅力は多岐にわたります。以下にその魅力を5点挙げます。

魅力その1:ギフトの伝統

聖ニコラの日には子どもたちが靴や窓辺に置いた皿に、お菓子や小さなプレゼントをもらえるという楽しみがあります。このサプライズは、子どもたちにとって大きな喜びとなります。

魅力その2:パレードとフェスティバル

この日には聖ニコラが街をパレードするイベントがあり、華やかな衣装を身にまとった聖ニコラが子どもたちに幸せを配る様子は、見る人々にとっても魅力的です。

魅力その3:特別な食べ物

聖ニコラの日には特別なお菓子や食べ物が用意されます。特に「Klapperkricheln」(ヌッツクラッカー型のクッキー)などはこの時期に欠かせない伝統的なスイーツです。

魅力その4:学校やコミュニティのイベント

学校や地域コミュニティでは聖ニコラの日にちなんだ特別なイベントや活動が行われます。これらの活動を通じて、子どもたちはお互いにギフトを交換したり、楽しい時間を共有します。

魅力その5:家庭での祝い方

家族はこの日を祝うために特別なディナーを用意したり、家庭内でのパーティーを開催したりします。この日は家族が一堂に会して食事を共にし、温かい雰囲気で過ごすことができます。

聖ニコラの日はルクセンブルクにおいて子どもから大人まで楽しむことができる、伝統と楽しいサプライズに満ちた日です。

ウィンターライト Winterlights 11月24日~1月1日

ルクセンブルクの冬は、「ウィンターライト(Winterlights)」という素晴らしい祭典で光り輝きます。このフェスティバルは、ルクセンブルク市全体を冬の魔法で満たし、市民や観光客を幻想的な雰囲気に包み込む、まさに冬のハイライトです。

ウィンターライト(Winterlights)フェスティバルは、ルクセンブルク市の冬の風物詩であり、魅力的な光の祭典です。以下にその魅力を5点挙げます。

魅力その1:幻想的なイルミネーション

市全体が幻想的な光で飾られ、暖かい冬の光が寒い夜を照らします。街の様々な場所が異なるテーマのライトアップで彩られることで、一歩足を踏み入れるだけで別世界にいるような気分を味わえます。

魅力その2:クリスマスマーケット

伝統的なクリスマスマーケットでは、手作りの装飾品や贈り物、クリスマスのオーナメントなどが販売され、ショッピングを楽しむことができます。

魅力その3:冬のデリカシー

グルメな屋台や暖かい飲み物のスタンドが並び、ホットチョコレートやグリューワイン、クリスマスの伝統的なお菓子などを味わうことができます。

魅力その4:アイススケートリンク

冬のスポーツの楽しみを提供するアイススケートリンクが設置され、初心者から経験者まで、氷の上で軽やかに滑る喜びを体験できます。

魅力その5:アートとカルチャーのイベント

フェスティバル期間中は、音楽やダンス、ストリートアートなどのパフォーマンスが街中で行われ、文化的なエンターテインメントを楽しむことができます。

ウィンターライトは、冬のロマチックな雰囲気を満喫できるイベントであり、冬の夜を彩る魅力的な光と活動で訪れる人々を魅了します。

ルクセンブルクで冬の魅力を満喫!4つのクリスマスマーケットを巡ろうでは、クリスマスマーケットについて記載しています。是非ご覧ください。

ルクセンブルクの伝統的な食べ物

地元の伝統的な食べ物をいくつかご紹介させていただきますね。

Gromperekichelcher:

これはルクセンブルクの伝統的なジャガイモのフリッターで、ニンニク、パセリ、時にはネギが加えられています。外はカリカリ、中はふわふわの食感が楽しめます。

お好みでアップルソースをかけたり、タヒニソースをかけて召し上がる方もいます。

Mettwurst:

スモークされたポークソーセージで、ピクニックや冷たいビールのお供にぴったりです。祭りの屋台などでよく見かけることができます。

Bouneschlupp

豆のスープで、ジャガイモ、ベーコン、ソーセージなどが入っており、見た目は彩りも地味ですが、ハーティーで栄養満点です。

Kachkéis (またはCancoillotte)

液体状のチーズで、パンに塗ったり、温かい料理にかけたりして楽しみます。

Quetschentaart

プラムタルトで、秋の収穫時期に合わせて作られることが多く、祭りの時期には特に人気のデザートです。

この記事を書いた人

はじめまして、あさこです。ヨーロッパには14年間住んでおり、現在はルクセンブルグという小さな国に暮らしています。この国はあまり知られていないかもしれませんが、実は観光名所や美味しいレストランがたくさんありますよ!私はこの国での出来事も交えながら、現地の情報を提供していきます。ヨーロッパの暮らしを垣間見ることができる貴重な機会ですので、ぜひ楽しみにしていてください♡

目次