小国の大きなお祝い:ルクセンブルク国民の日フェスティバル

当ページのリンクには広告が含まれています

ルクセンブルクのナショナル・デー、国民の祝日は、毎年6月23日に祝われます。この日はルクセンブルク大公の誕生日を祝う伝統的な祭日ですが、実際には現在の大公ヘンリの誕生日は4月16日です。この日はルクセンブルク人にとっても、私たち外国人居住者にとっても、共に国を祝い、一体感を感じる素敵な機会なんです。興味深いのは、大公が代わっても、この日6月23日が国民の祝日なんですね。

目次

ルクセンブルク国民の日イベントガイド

今年も例年通り、イベント開催!時間と場所は是非チェック!正式な時間帯は、ルクセンブルク政府のサイトをご参照ください。

6月22日の夕方から夜にかけて

16:00:大公宮殿前で衛兵交替式

凛々しい衛兵の姿を見る絶好のチャンスですね

19:00:ダルム広場で音楽の祭典

ダルム広場が伝統舞踊と音楽で光り輝く祭典は、見ているだけでワクワクしてきます。
そして、広場がルクセンブルクの旗色で鮮やかに染まる瞬間は感動ものです!

21:20:旧市街の松明行列

文化団体や地域グループなどが、光り輝く松明を手にに旧市街を練り歩きます。

23:00:アドルフ橋の花火

これが22日の大目玉とも言っても過言ではないでしょう。アドルフ橋から打ち上げられる花火。空が暗くなるのを待って、夜空を彩る華麗な花火は絶景です。

6月23日 国民の日、本番

10:00 フィルハーモニーでの記念式典

大公の姿も期待できる式典で名誉ある賞も授与されることで知られています。

11:00 21発の祝砲

式典に続き、鳴り響く21発の祝砲で大いに盛り上がります。
画像は砲台のイメージです。👉

12:00 軍事パレード

正午から始まるイベントでは、街が軍隊、警察、消防救助隊などの制服が並びます。また、アドルフ大公連合の音楽バンドを含む力強い旋律が、祭りの空気を盛り上げます。

16:30 プログラムの終了

夕方、ノートルダム大聖堂「テ・デウム」礼拝で大貴族達が心温まる時を共有します。 そして国民の日の正式イベントは幕を閉じます。

スピルフェスト:キネックスイス公園

ルクセンブルク市の緑豊かなキネックスイス公園では、家族みんなで楽しめるスピルフェストっていうゲームのお祭りが盛り上がっています。

朝の10時から夕方の6時まで、いろんな国から来たアーティストたちが、子どもから大人まで夢中になれるユニークな教育ゲームをたくさん用意してくれているのは、とても嬉しいですね。しかも入場無料だし、お腹がすいたら軽食や飲み物も買えるから、1日中楽しめるイベントで大人気です。

アルメイフェスト:殉教者広場

軍用車や軍服に興味がある人には、殉教者広場で開かれるアルメイフェストもおすすめ。ここは「バラ園」としても親しまれている場所で、陸軍の展示や乾杯できるドリンクスタンドもあります。

このイベントは、小さな子供から大人までみんなで楽しめるので、家族連れや友人たちと楽しい時間を過ごしてくださいね。

ルクセンブルク国民の日イベントのまとめ

ルクセンブルク全土が祝祭の色に染まるナショナルホリデー。この特別な日々を、みなさんが心から楽しむことを願っています。街の隅々に響く祝砲の音、キラキラと輝く笑顔、そして共に過ごす時間のすべてが、記憶に残る素敵な瞬間となりますように。街角の賑わいに耳を傾け、公園でのひとときを満喫し、ルクセンブルクの団結と喜びを共に感じましょう。この祭りが、新たな出会いや絆を深めるきっかけになることを祈りながら、皆さまのナショナルホリデーが最高のものになりますように。

この記事を書いた人

はじめまして、あさこです。ヨーロッパには14年間住んでおり、現在はルクセンブルグという小さな国に暮らしています。この国はあまり知られていないかもしれませんが、実は観光名所や美味しいレストランがたくさんありますよ!私はこの国での出来事も交えながら、現地の情報を提供していきます。ヨーロッパの暮らしを垣間見ることができる貴重な機会ですので、ぜひ楽しみにしていてください♡

目次