MENU

ルクセンブルクビザ : Au Pair (オーペア)ビザ

当サイトには広告が含まれています
ホストファミリーで育児や家事を手伝うビザ

ルクセンブルクはその豊かな文化、歴史、そして経済の活況で知られていますが、この小さなヨーロッパ国家は国際的な経験を求める若者たちにとっても魅力的な目的地です。ルクセンブルク政府は、オーペア、ワーキングホリデー、ボランティアといった特殊なビザを通じて、異文化交流の機会を提供しています。これらのプログラムは、参加者にとって一生の経験となるだけでなく、グローバルな視野を広げる手段となり得ます。

この記事では、ルクセンブルクで利用可能なオーペアビザについて解説していきます。

このビザプログラムは、特定の条件と要件を満たすことが必要ですが、適切な準備と理解を持って臨めば、ルクセンブルクでの充実した滞在が約束されます。それでは、オーペアビザの詳細について見ていきましょう。

目次

Au Pair (オーペア)ビザ

オーペアビザは、異文化を体験し、言語能力を向上させることを目的とした独特なビザカテゴリーです。このプログラムを利用する若者は、ホストファミリーのもとで生活し、子供の世話や軽い家事を手伝うことで、実際の生活の中で文化交流を深めます。この経験は参加者にとって社会的スキルや言語スキルの向上だけでなく、国際理解を深める貴重な機会を提供します。オーペアは、最長1年間のビザとなっています。

オーペアビザの目的

オーペアビザの主な目的は、文化的な交流と教育的体験を促進することにあります。参加者は日常的な家庭生活の中で言語を学び、新しい文化に触れることができます。ホストファミリーもまた異文化を家庭に迎え入れることで、多文化理解の促進に寄与します。

応募資格と条件

オーペアビザの応募資格には、通常以下のような条件が含まれます:

  • 年齢制限: ルクセンブルクでは18歳から29歳までの若者が対象です。
  • 未婚で子供がいないこと: このプログラムは主に若い未婚者を対象としています。
  • 基本的な言語スキル: ホストファミリー宅で話されている言語の基礎的な理解が求められることが多いです。英語、フランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語の内いずれかの言語を学んでいること。
  • 健康状態: 良好な健康状態であることが必須条件とされます。

申請プロセスと必要書類

オーペアビザの一般的なステップは以下の通りです:

適切なホストファミリーの選定:

犬と遊ぶ幸せ家族

ホストファミリーとのマッチングが最初のステップです。多くの場合、専門のエージェンシーやプログラムを通じて行われます。

\検索エンジンで下記の団体を調べて見てくださいね/
AuPairWorld
GreatAuPair        
AuPair.com
Cultural Care Au Pair

プラットフォームを利用する際は自己責任が必要です。プロフィールを細かく確認し、ホストファミリーと条件を話し合ってください

マッチング成功の保証はありません。柔軟で積極的な姿勢が求められます。エージェントやサイトは出発点に過ぎません。

実際の成功は、準備と現地での適応に依存します。情報を自身で確認し、必要なサポートを得てください。

オーペアの仕事と報酬

サポート

オーペアの仕事は、ホストファミリーの子供のお世話が主な仕事となります。

1週間/25時間のホストファミリーでの労働のみです。
自営業も含め他の就労は認められていません。

ホストファミリーからは、お小遣いという名目でお金が渡されます。

ホストファミリーと契約

仕事の条件・報酬などの詳細を契約書にまとめる

詳細な契約を結びます。
この契約には勤務条件、滞在条件、支給される手当などが含まれます。

できるだけ細かいところまで決めることで、トラブルの回避が図れます。

また署名する前には、必ず専門家に見てもらうことをお勧めします。

オーペアビザの申請

シェンゲンVISA申請書に記入

ホスト国の大使館または領事館にオーペアビザを申請します。申請は、出発前に日本で行います。

必要書類
有効なパスポート
ビザ申請書
ホストファミリーとの契約書
健康診断書(3ケ月以内のもの)
卒業証書
言語能力の証明(例:TOEICのスコア/ドイツ語・フランス語・ルクセンブルグ語のレベルA1.A2など)
犯罪経歴証明書
医療保険加入証明書
このほかに必要なものは、申請時にご自身でご確認ください

ルクセンブルク到着後

  1. ルクセンブルク到着後、8日以内にホストファミリーの自治体で住民登録
  2. 一時滞在許可証を取得したのち、ルクセンブルクの移民局にVisaの申請をします。
  3. Service national de la jeunesse(国民青少年サービス)の説明会に出席

ルクセンブルクのAu Pair に関する詳細は、オーペアサイトでご確認いただけます。

ホストファミリーとの良い関係を築くために

お互いに気持ちよく過ごせるためのポイントをまとめました。これらはすべて当たり前のこと?ではありますが、親元を離れ、海外で暮らしている間には、ホームシックにかかったり、逆に開放的になりすぎて問題を起こしてしまう人達を多く目にしてきました。これらはホームステイを成功させるための基本的なガイドラインとなります。是非ご参照ください。

コミュニケーションを大切にする

円滑なコミュニケーション

到着した初日から積極的にコミュニケーションを取り、お互いの事をより理解できるように努めてください。

日常的な会話を心がけ、家族の一員として積極的に関わる。あなたは、家族の一員として迎えられていることを忘れないでください。

文化の違いを尊重する

ホストファミリーの文化や習慣を学び、理解しようと努力する。日本人の察する文化、言わなくても理解してもらえる、これは欧米社会では皆無と言ってよいでしょう。

自分の文化も適宜共有し、相互理解を深める。

手伝いを惜しまない

家事・洗濯などを手伝う

家のルーチンに積極的に参加することで、家族との絆を深めることができます。

特に食事の準備や洗濯など、小さな協力が関係を強化します。ただし、ホストファミリーによっては自分で行いたいと思っている家事もあるため、事前に声をかけることが大切です。

無理なく参加し、お互いの生活を尊重することが重要です。

感謝の気持ちを表す

日々の感謝を言葉や態度で示し、たまには手紙や小さなプレゼントで感謝を伝える。

手紙なんて書けない?大丈夫ですよ。ありがとうと書いたメモを冷蔵庫の扉に貼っておくだけで、十分です。

プライバシーを尊重する

お互いのプライバシーを尊重

ホストファミリーと自分のプライバシーを尊重し合い、適切な距離感を保つ。

個人の時間や空間に対する配慮を忘れない。

これって簡単なようで難しいですが、コミュニケーションをとることで適度な距離がつかめてきます。

問題は早めに解決する

不快感や問題が発生した場合は、早めに優しく正直に話し合う。出た杭は打たれる→よく言われる日本の文化ですが、欧米では出ない杭は見落とされる。つまり自分の意見や考えは、相手に伝えることが大切です。

感情的にならずに、建設的な解決策を目指すことが大切です。

アクティビティに参加する

ルクセンブルク 野外コンサート

ファミリーのイベントや地域の活動に積極的に参加する。

これにより、絆を深める共有体験が増えます。

さいごに

ルクセンブルクでのオーペア体験は、文化交流と言語学習の絶好の機会です。その成功は、しっかりとした準備と理解に依存します。滞在中、ホストファミリーとの関係はあなたの貴重な思い出となるでしょう。また、休日にはルクセンブルクを探索し、ホストファミリーと共に旅行を楽しんでください。

ルクセンブルクビザシリーズの記事も是非ご参照下さい。

ルクセンブルク長期滞在ご予定の方へ基本情報
ルクセンブルクビザ:種類、申請手順、必要書類、滞在ルール詳細

旅行でご訪問予定の方2025年から必須!ETIASガイド:シェンゲン圏への新たな渡航要件

ワーキングホリデービザをご予定の方ルクセンブルクビザ:Working Holiday(ワーキングホリデー)ビザ


お詫びとご案内

いつもご愛読ありがとうございます。外部リンクの一部が正常に機能しないことが判明し、リンクを一部廃止いたしました。ご不便をおかけして申し訳ありません。今後も快適に読んでいただけるよう改善を続けますので、どうぞよろしくお願いします!

目次