MENU

ルクセンブルクビザ:Working Holiday(ワーキングホリデー)ビザ

当サイトには広告が含まれています
ルクセンブルクワーキングホリデービザ

ルクセンブルクはヨーロッパの中心に位置します。古城や美しい自然が魅力の国です。また、多言語文化が息づく経済的にも安定した国です。そのため、多くの若者にとって魅力的なワーキングホリデーの目的地となっています。ワーキングホリデービザを利用すれば、仕事を通じて現地の生活を体験できます。さらに、国際的なスキルや新たな言語能力も身につけられます。

この記事では、ルクセンブルクでのワーキングホリデーについて詳しく解説します。ビザの取得方法や滞在のルールに焦点を当てます。ビザの目的や申請資格から、必要な書類、申請プロセスまで網羅します。

この記事が、有益な情報源となることを願っています。

目次

ルクセンブルクのワーキングホリデービザ

橋の向こう側に見える教会

ワーキングホリデービザは若者に特別な機会を提供します。このビザで、異文化を体験し海外で働けます。

こうした体験は、文化的な交流と個人的な成長を促進します。

ルクセンブルクでは、このビザを通じて若者たちが国際的な経験を積みます。新しいスキルを学び、異文化理解を深めることが期待されています。

ワーキングホリデービザの目的

ワーキングホリデービザの主な目的は、次の三つです。

ワーキングホリデーの目的1:文化交流の促進

ルクセンブルクの朝市を楽しむ人々

ワーキングホリデーは、通常の観光旅行では得られない深い文化交流の機会を若者に提供します。このプログラムを通じて、参加者は異文化との直接的な接触を経験し、国際的な視野を広げることができます。

実際の労働環境での体験は、将来の国際的なキャリアへの貴重なステップとなり、多文化共生の理解を深めることが期待されます。

ワーキングホリデーの目的2:言語能力と職業技能の向上

語学学校で学ぶ人達

ルクセンブルクはフランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語が公用語として使用される多言語国家です。

ワーキングホリデー中の就労は、これらの言語でのコミュニケーション能力を自然な形で向上させる最良の機会を提供します。さらに、異なる職業環境で新しいスキルを学ぶことも、このビザが提供する大きな利点の一つです。

海外での職業経験は、専門技術だけでなく、問題解決やチームワークといった普遍的な職業技能の向上にも繋がります。

ワーキングホリデーの目的3:自立と自己発見の旅

仲間との交流を楽しむ人々

ワーキングホリデーは、自己発見と自立への道程です。新しい文化の中で生活し、仕事をすることで、参加者は自分自身の限界と可能性を試すことができます。

この過程は、自立心を育み、新しい環境への適応能力を養います。また、多くの参加者にとって、この経験は人生の新たな方向性を見出すための重要なターニングポイントとなることでしょう。

ルクセンブルクワーキングビザ応募資格と条件

国籍・居住地

日本のシンボル、壮大な富士山

ワーキングホリデービザは、日本国籍を持ち日本に居住している人が対象です。しかし、海外に居住中の日本国籍者はこの条件を満たしません。そのため、申請するには日本に戻る必要があります。

一時帰国してからの日本の居住期間に関する明確な規定は見つかっていません。見つかり次第この記事に情報を共有しますので、是非ブクマなどをお願いします。

年齢制限

ワーキングホリデービザには、18歳以上30歳以下の年齢制限があります。この範囲は自己発見とキャリア探求に適しています。年齢制限は、参加者の成熟度と独立性を保証します。また、長期海外滞在への心身の準備を確認するために設けられています。

有効なパスポートの保持

日本国発行のパスポート

予定滞在期間終了後3ヶ月以上有効な日本のパスポートを所持していること。

犯罪歴がないこと

申請者が過去に重大な犯罪を犯していないことが、重要視されています。そのため、犯罪歴証明は申請書類に必須です。

健康状態

参加者は良好な健康状態が求められます。理由は、長期の海外生活と仕事で必要な体力です。そのため、申請者は医療証明書の提出が必要な場合があります。この証明書には、健康診断の結果が含まれます。

経済的自立

ワーキングホリデー申請者は、経済的基盤が必要です。滞在初期の生活費や緊急時の費用を自己賄いできることが求められます。そのため、往復の航空券や初期の宿泊費、生活費が含まれます。さらに、申請プロセス中には銀行の残高証明書や経済的支援の証明の提出が一般的です。

言語能力

ルクセンブルクは多言語国家です。公用語はフランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語です。ワーキングホリデー参加者には、基本的な会話力が求められます。これにより、日常や仕事でスムーズにコミュニケーションを取れます。したがって、語学研修を受けることをお勧めします。認定証(A1/A2/B1/B2など)の取得が役立ちます。

これらの準備は、成功への重要なステップです。しっかりと準備をして、海外生活と新たな挑戦に備えてください。

扶養家族は同伴しない

扶養家族の同伴は、認められていません。応募資格のある場合は、別途ビザを申請してください。

初めての参加であること

ルクセンブルクのワーキングホリデービザに初めて参加される方が条件です。過去に参加した方は、応募資格はありません。

滞在期間

最大で1年間の滞在が許可されます。

就労と学習

ビザ保持者はルクセンブルクでの就労および短期学習が可能です。しかしながら場合によっては、特定の条件が適用されることがあります。

申請プロセスと必要書類

ワーキングホリデービザの申請手順

必要書類の準備

ビザ取得のための書類をそろえて

安全に確実にビザを取得するためには、必要な書類を事前にそろえる必要があります。

必要な書類の詳細は以下にまとめてありますので、ご参照ください。

書類を送付

大使館に必要書類を送付する

大使館又は領事館に電話の上、予約した時間に書類を持参してください。

面接を受ける場合もある

大使館での面接の場合もある

ケースバイケースですが、面接をする場合があります。

Visa の発給

ビザの発給

認証された場合、事前に電話で予約をした上で、ビザの受領を行ってください。

ルクセンブルクへ出発

ルクセンブルクへ出発

いよいよルクセンブルクへ向けて出発です。

提出が必要な書類の詳細

  • ビザ申請書 (PDF ファイルが開きます)
  • パスポートのコピー
    ○予定滞在期間の最終日から3ケ月以上の有効期間があること
  • 犯罪経歴証明書
    ○3ケ月以内に発行のもの
  • 健康診断書
    ○英語原本 3ケ月以内に医師が作成(日本語の場合は、英独仏のいずれかに翻訳)
  • 航空券
    ○往復航空券、または帰国航空券を購入するに十分な資金があることを証明する書類
  • 志望動機書
    ○形式自由 申請者の署名入り英語・ドイツ語又はフランス語で書かれたもの
  • 履歴書
    ○形式自由 英語・ドイツ語又はフランス語
  • 残高証明書
    ○英語原本 本人名義のもの(最低2500€~の個人資金を証明)
  • 銀行口座取引が確認できる書類
    ○過去3ケ月間 通帳のコピーなど
  • 到着後15日間の宿泊先が確認できる書類
    ○ホテルの場合:ホテルの予約確認書
    ○個人宅の場合:Invitation Letter と家主の身分証明書のコピー
  • 海外旅行保険
    ○滞在期間中有効かつシェンゲン全域をカバーするもの。
    ○最低保証額3万€

ルクセンブルク到着後

パスポートを持参し、滞在先の役場で到着届出(déclaration d’arrivée)を行い、滞在証明書(certificat de résidence)を取得してください。

なお、滞在許可証(permis de séjour)の申請は不要です。

ワーキングホリデー中の就労と制限

許可される職種と就労時間の規制

滞在中は、最長6ヶ月間の有期契約に基づいてルクセンブルクでの就労が認められています。 連続して6ケ月の就労でも、6ケ月を小分けにして就労することも可能です。

ルクセンブルクではワーキングホリデービザのホルダーに対して特定の職種に制限を設けていないことが多いため、広範な職種での就労が可能です。

収入と労働条件の概要

ルクセンブルクでの労働条件は法律で規定されており、労働者の権利を保護するための規定が整っています。

労働時間

フルタイム労働者の標準労働時間は週40時間です。

週の労働時間が48時間を超えることは原則として禁止されています。

休憩と休日

労働者は連続して6時間以上働く場合、最低30分の休憩を取る権利があります。

労働者には年間少なくとも25日の有給休暇が付与されます。ワーキングホリデーの場合は、就労期間によっても異なりますので、この点は雇用主とよく相談をすることが必要になります。

契約形態

就労契約は通常、書面で行われます。契約には給与、労働時間、職務内容などの条件が明記されます。

試用期間が設けられることが一般的で、試用期間は通常1~6ヶ月です。

ルクセンブルク最低賃金の基準

 2023年9月1日より、フルタイム(週40時間就労)の 18歳以上の非熟練労働者の最低賃金は2,570.94ユーロです。

あなたが有資格者の場合は、その証明書を提示することで賃金は、3.085,11ユーロになる可能性もありますので、何か資格をもっている場合は、証明書も同時に翻訳しておくことをお勧めします。

なお、夏季など学生の休暇中の就労の賃金は、最低賃金の80%を下回ってはいけないという決まりがあります。

ルクセンブルクワーキングホリデービザのよくある質問と答え

ルクセンブルクでワーキングホリデービザで他の国で就労可能ですか?

他のシェンゲン加盟国での就労は許可されていません。

仕事はどうやって見つけるののでしょうか?

オンライン求人サイト: ルクセンブルクの求人情報サイトやグローバルな求人ポータルを利用して検索できます。
大学や職業訓練校: 大学のキャリアセンターや職業訓練校の求人掲示板も利用できます。
地元の新聞: 地元の新聞の求人欄にも仕事情報が掲載されることがあります。

オンライン求人サイトを教えてください
  1. Jobs.lu
    • ルクセンブルクの求人情報を広範囲にカバーしているポピュラーなサイトで、多様な業界の職種が掲載されています。ウェブサイトは使いやすく、検索機能も充実しています。
  2. Moovijob.com
    • ルクセンブルクに特化した求人サイトで、正職員、契約職、インターンシップ、アルバイトなど、様々な雇用形態の求人が見つかります。キャリアフェアの情報も提供しており、仕事探しのリソースとして有用です。
  3. Monster.lu
    • グローバルに展開している求人サイトのルクセンブルク版です。幅広い職種と業界の求人が掲載されており、国際的な仕事を探すのに適しています。
  4. Indeed Luxembourg
    • 世界的に広く使われている求人検索エンジンで、ルクセンブルクの多様な求人情報が検索可能です。地域や職種、会社名での検索ができ、直感的に操作できるインターフェースが特徴です。
  5. EURES
    • ヨーロッパ全域の求人情報を提供するEUの公式ポータルで、ルクセンブルクを含むEU圏内の仕事探しに役立ちます。特にEU圏外からの就職希望者にとって有益な情報が多く含まれています。

これらのサイトを利用する際は、最新の求人情報をチェックするとともに、履歴書やカバーレターを準備し、応募前に必要な条件や求められるスキルをしっかりと確認することが大切です。また、LinkedInなどのプロフェッショナルネットワークを活用することも、ルクセンブルクでの職探しには有効です。

限られたワーキングホリデー期間の就活へのアドバイスはありますか?

仕事募集の欄にCDD (Contrat à Durée Déterminée)と記載されている案件がお勧めです。以下にCDDの詳細を解説していますので、ご参照ください。

CDDは、Contrat à Durée Déterminée」の略です。これは英語で「Fixed-term Contract」と呼ばれ、期間限定の雇用契約を指します。

これは、特定の期間やプロジェクト完了時、あるいは代替として他の従業員の一時的な不在を埋めるために設定される契約です。
契約期間は明確に定められており、その期間終了時に契約は自動的に終了します。

ワーキングホリデー期間限定でお仕事を探す場合にお勧めです。なお、雇用主にはワーキングホリデービザだということを事前にお伝えください。

ワーキングホリデーのための生活費はどれくらい必要ですか?

家賃:シェアハウス又はホームステイなどで月額0~500€程度、アパートの賃貸の場合、場所にもよりますが、1000€~必要になります。+電気代+携帯料金など
交通費:公共交通費用は無料
食費:1ヶ月250~300€
生活費合計:1500€~2000€ 半年間の生活費を貯めていることが最適です。

ワーキングホリデービザで他のシェンゲン圏国を訪れることはできますか?

シェンゲン圏国へは、180日間の間に90日間のルールで訪問することが可能です。

ワーキングホリデー終了後の選択はどのようなものがありますか?

キャリア展望

ワーキングホリデー終了後、ルクセンブルクでのプロフェッショナルなキャリアを追求する場合、次のステップとして具体的な業界や職種に特化した就職活動を行う必要があります。ルクセンブルクは金融、法律、EU関連の機関で知られており、これらの分野での職種が特に豊富です。プロフェッショナルな資格や追加の認定を取得することも、キャリアアップの重要なステップになります。

学習の機会

ルクセンブルクは多くの教育機会を提供しています。例えば、ルクセンブルク大学では様々な分野での学士、修士、博士課程があります。特にビジネス、法学、工学、ファイナンスが強みです。学生ビザを申請することで、ワーキングホリデーから学生ステータスに移行し、更なる専門知識や技能を身につけることが可能です。

ワーキングホリデービザ終了後、どんなビザの切り替えが可能ですか?

就労ビザ: ルクセンブルクでのフルタイムの雇用が確保できた場合、就労ビザを申請できます。このビザを取得するには、雇用契約書と雇用主からの支援が必要です。

学生ビザ: さらなる学習を希望する場合、適切な教育機関に入学が許可された後に学生ビザを申請することができます。

起業家ビザ: 自身のビジネスを立ち上げたい場合、起業家ビザが適用される場合があります。このビザはビジネスプランと経済的な資源の証明が求められます。

ビザ申請の準備

ビザの切り替えをスムーズに進めるためには、有効なパスポート、必要な資金の証明、健康証明書、職業や学業のための資格証明書など、具体的な書類が必要です。また、ルクセンブルクの移民局や大使館で最新の情報を確認し、必要な書類や手続きの詳細を把握しておくことが重要です。

これらの選択肢を適切に検討し、自分の目標や状況に最も合ったビザの切り替えを計画することが、ルクセンブルクでの長期的な滞在とキャリア構築のために必要なことです。

ルクセンブルクビザシリーズの記事も是非ご参照下さい。

ルクセンブルク長期滞在ご予定の方へ基本情報
ルクセンブルクビザ:種類、申請手順、必要書類、滞在ルール詳細

旅行でご訪問予定の方2025年から必須!ETIASガイド:シェンゲン圏への新たな渡航要件

ホームステイ先でベビーシッターなどのお手伝いをご予定の方ルクセンブルクビザ : Au Pair (オーペア)ビザ(近日公開予定)

お詫びとご案内

いつもご愛読ありがとうございます。外部リンクの一部が正常に機能しないことが判明し、リンクを一部廃止いたしました。ご不便をおかけして申し訳ありません。今後も快適に読んでいただけるよう改善を続けますので、どうぞよろしくお願いします!

目次