Shoueberfouer・シューバーファウアー

当ページのリンクには広告が含まれています
Shoueberfouer シューバーファウアー
目次

 Schueberfouer シューバーファウアー

ルクセンブルクはご存じの通り、ヨーロッパの小さな国ですが、豊かな自然や歴史、多様な文化を持っています。

その中でも私が2番目にお勧めするのが、毎年8月下旬から9月上旬にかけて行われる移動遊園地シューバーファウアーです。

シューバーファウアーは長い歴史があった

このお祭りは、1340年にルクセンブルクを治めていたヨハン・フォン・ルクセンブルクが開いた交易市が起源で、今ではヨーロッパ最大規模の移動遊園地として知られています。

シューバーファウアーはどこで開催されているの?

お祭りの会場は、市街地の北のはずれにある大きな駐車場グラシスで、トラムで簡単に行くことができます。お祭りに参加すれば、あなたもその熱気と楽しさに包まれることでしょう。

駅からでも市内のどこからでもシューバーファウアーへはどうやっていくの?と聞けば、誰もが親切にシューバーファウアーまでの行き方を教えてくれますよ!

ルクセンブルグ駅から、トラムに乗ればシューバーファウアー会場の目の前がトラム駅なので迷うことなどは絶対にありません。

車で行くことは、余りおすすめではありません!
近くに駐車場が少ないのと、路上駐車ができてラッキーと思ったら大違い、普段よりも多い警察官が駐車禁止切符を切りまくっていますよ!

そしてせっかくのお祭りだ~と羽目を外してお酒を飲んで運転したら、もうお分かりですよね。ルクセンブルグも日本と同様にネズミ捕りをやっていて、高額な罰金(それだけなら幸運です)と免許停止になる場合もありますので、お酒を飲んだらハンドルは握らない!これを徹底してくださいね!

シューバーファウアーのアトラクションはなにがあるの?

移動遊園地とは思えない、最新の絶叫マシーンやVR体験から定番のローターコースターや観覧車、メリーゴーランドなどその数なんと200余りもあります。

昔ながらの?射的やコイン落とし、そういえばタロット占いや、ジプシー占いなども友達は当たる~と嬉しそうにしていました。

観覧車から見る景色はまた格別です!特に夜は打ち上げ花火も同時に見れてたり、イルミネーションもとっても綺麗でワクワクが止まらない夜になりますよ!

シューバーファウアーで何か食べられるの?

もちろん移動遊園地だからと言って、屋台だけではありません。着席するレストランもいくつも出店されますので、地元のお料理や飲み物を思う存分楽しむことができますよ。

例えば、ジャガイモや豆を使ったシチュー「ビュ-ネス」やムール貝の白ワイン蒸し、カツレツ、ソーセージなどが人気で、地元のビールやワイン、クレメントと呼ばれる発泡酒もよく飲まれています。

クレメント

クレメントというのは、日本でおなじみのシャンパンと同じ発泡酒のことです。シャンパンと呼ばれるのはフランスのシャンパーニュ地方で作られた発泡酒だけです。ルクセンブルクでは発泡酒をクレメント、ドイツではセクトと呼んでいます。

ホットドックも日本やアメリカのホットドック用のパンではなくて、バケットのように皮がパリっとしているものが多くつかわれています。

最初は、どうやってたべるの?口が裂けそうと思いましたが、慣れとは恐ろしいものですね!
今では大きな口でパクパクいけてます!

甘いものが好きな方には、ワッフルやチュロスがお勧めです!

シューバーファウア―で見逃せないストリートマーケット

シューバーファウアー開催中に開かれるブラッドリーというストリートマーケットも見逃せません。このマーケットは、お祭りの期間中に一日だけ開かれます。

今年は9月6日(月)です。中心部の華やかなブランドショップでも店の前に屋台を出しての大売り出しが楽しいですよ。

また、健康製品やスパイス、美術品やアクセサリー、便利グッズなど、珍しい物産や商品が販売される屋台も多くあります。

目新しい商品を説明する屋台の商売人の口上に聞き入ってつい要らないものを買ってしまうかもしれません。

まとめ

ルクセンブルクの移動遊園地シューバーファウアーは、夏の終わりを楽しく過ごすことができる素晴らしいお祭りです。

ルクセンブルクの文化や歴史に触れることができるだけでなく、様々なアトラクションやゲーム、食べ物や飲み物、マーケットなどで楽しむことができます。

このお祭りに行けば、あなたもルクセンブルクの魅力のとりこになって、又来ようと思ってもらえるかもしれないですね

この記事を書いた人

はじめまして、あさこです。ヨーロッパには14年間住んでおり、現在はルクセンブルグという小さな国に暮らしています。この国はあまり知られていないかもしれませんが、実は観光名所や美味しいレストランがたくさんありますよ!私はこの国での出来事も交えながら、現地の情報を提供していきます。ヨーロッパの暮らしを垣間見ることができる貴重な機会ですので、ぜひ楽しみにしていてください♡

目次