ルクセンブルク:ヨーロッパ最小国の豊かな歴史

当ページのリンクには広告が含まれています
ルクセンブルグ
目次

はじめに

こんにちは、あさこです。

ルクセンブルクという名前を聞いて、あなたがどんなイメージを抱くかは分かりません。小さな国、豊かな国、ヨーロッパの心臓部に位置する国、金融の中心地…あなたが思い浮かべるイメージは何でしょうか?

しかし、ルクセンブルクの魅力は、それだけでは終わりません。歴史と文化、自然とアウトドア、グルメとショッピング…ルクセンブルクは多面的な魅力を持つ国です。

今回は、その魅力の一部をあなたにお届けします。ルクセンブルクへの興味があるあなた、または、まだ行ったことのないヨーロッパの国への旅行を計画しているあなたに、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

ルクセンブルクとは?ヨーロッパで最も小さく豊かな国の魅力を探る

“今、どこに住んでいるの?”
“ルクセンブルクだよ!”
“えっ、どこ?それ、知らない…。”
これは、私と友人たちの間で頻繁に交わされる会話です。

正直なところ、私自身もヨーロッパへ移住するまでは、ルクセンブルクという国についてはほとんど知識がありませんでした。

地図を見ていただくと、が指しているのがルクセンブルクです。ヨーロッパの西部に点在する小さな国で、フランス、ドイツ、ベルギーに囲まれた内陸国です。

「ルクセンブルク」の名前の中にある「センブ」の部分を見てみると、国の形が見えてくるでしょう。

まさに、この小ささだからこそ、見落とされてしまうこともあるのですね💦

国の大きさは、日本の神奈川県や沖縄県の大きさを少し大きくした程度だとイメージをして頂ければ、ルクセンブルクの大きさがお分かりいただけるかと思います。

ルクセンブルグ地図

ルクセンブルクは小さな国ですが、その経済力は大変豊かで、実は一人当たりのGDPでは世界一位、もしくは二位と言われています。でも、実際にここで生活している私からすると、その豊かさを日々の生活で実感することはあまりありません💦

さて、次に進んでルクセンブルクの歴史について触れてみましょう。ただし、ここでの説明はあくまで概要で、詳しく知りたい方は専門の歴史書やインターネットで調査してみてください。ここでは、ルクセンブルクの歴史の魅力を軽く、そしてわかりやすくお伝えします。

さあ、一緒にこの小さな国の大きな物語を紐解いていきましょう。

ルクセンブルクの首都とは?

ルクセンブルクの首都は、その名もルクセンブルク。

その歴史は、非常に興味深いものがあります。ここでは、その歴史の一部を簡単にご紹介します。普段は歴史にあまり興味がない私でも、このエピソードには目を見張るものがありました。

ルクセンブルクの歴史を簡単に理解しよう

ルクセンブルクの驚くほど小さな領土の理由が、その歴史に隠されているのです。この先は、彼らの歴史の深淵を一緒に探る旅になります。私ができるだけ忠実に時系列にまとめましたが、私自身は歴史はあまり得意ではありません。

何か誤りを見つけた場合は、こちらのお問い合わせからぜひ教えてください。あなたの知識と協力によって、私たちの歴史の探求はより深まります。

中世のルクセンブルク

中世のルクセンブルグは、963年にアルデンヌ家の伯爵が土地を交換し、その土地に堅固な城を築きあげました。この城は「lucilinburhuc」(小さな城)と名付けられ、やがてこの名前が進化し、「ルクセンブルク」へと変化したのです。(lucilinburhuc➡luxembourg)」

その後、ルクセンブルグ家は神聖ローマ皇帝やボヘミア王を輩出し、大きな権力を持ちました。しかし、カール4世の孫の代で家系が断絶し、ルクセンブルグは多くの困難を経験することとなりました。

近現代のルクセンブルク

ルクセンブルクの歴史は、まるで巨大な波のように揺れ動きます。

まず、1461年にブルゴーニュ公国に統合され、ハプスブルグ家の領土となり、その後、スペインやオーストリアの支配を受けました。しかし、波は止まらず、フランスの侵略にも繰り返し見舞われました。

そして、フランス革命期(1789年~1975年)を経て、1815年のウィーン会議でドイツ連邦に加盟、オランダ国王を大公とする大公国となります。しかし、安定した時期は長くは続きませんでした…

1830年、ベルギー独立革命に共鳴し行動を共にした結果、領土の西半分をベルギーへ譲渡し、残りの領土はオランダ国王の統治下に置かれました。これが、ルクセンブルクにとっての3度目の分割でした。

その後、1867年のロンドン条約により永世中立国となり、1890年にはナッサウ公のアドルフが大公となり、オランダとの同君連合を解消しました。そして、ついに自力で国を建設する時期が訪れたのですが…

その喜びも束の間、第一次大戦と第二次大戦ではドイツに占領されてしまいます。この驚きの歴史、一緒に驚いていただけましたか?

戦後はベネルクスや欧州連合(EU)と共に平和協力を行い、20世紀後半からは農業から金融業や通信業、さらにはグリーンエネルギーや宇宙開発にも進出。今では世界で最も豊かな国の一つとなりました。

私がドイツに暮らし、ルクセンブルクを訪れた時、駅やショッピングセンターで耳にする多種多様な言語に心が躍りました。その言葉の正体はわからなかったものの、見知らぬ人々が行き交う街の風景は、見ているだけでも飽きないものでした。

それでは、そんなルクセンブルクで生活するための必須言語について、一緒に学んでいきましょう。

まとめ

ルクセンブルクの歴史の一端を覗いてみると、その小さな国土がどうしてこんなにもパワフルになったのか、その理由が浮かび上がってきます。その小ささとは裏腹に、ルクセンブルクはどんどんと成長を遂げています。

この国は新旧の良さを見極め、それらをうまく組み合わせてよりよい生活を目指しています。ブドウ畑が広がる自宅の目の前、そしてほんの数分で辿り着ける美しいモーゼル川。そんな素晴らしい環境の中で、これからもルクセンブルクの魅力を皆様にお伝えしていきたいと思います。

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

この記事を書いた人

はじめまして、あさこです。ヨーロッパには14年間住んでおり、現在はルクセンブルグという小さな国に暮らしています。この国はあまり知られていないかもしれませんが、実は観光名所や美味しいレストランがたくさんありますよ!私はこの国での出来事も交えながら、現地の情報を提供していきます。ヨーロッパの暮らしを垣間見ることができる貴重な機会ですので、ぜひ楽しみにしていてください♡

目次